痛風の人が筋トレのサプリメントを考えた場合、何を優先すべきか?

BCAA


プロテインを積極的に摂れない痛風の人にとっては、色々と悩む人も多いのではないでしょうか。そうなるとアミノ酸を考えることになりますが、アミノ酸って高価ですよね。

 

私自身、プロテインもアミノ酸も試してきましたが、サプリメントを全く摂らずに筋トレしている時期もあります。実は今もサプリメントは摂っていません。栄養補給は食事だけですが、食事内容を考えてヘルシーで栄養価の高いものを食べていれば、筋肉は発達します。

 

ただやはり、サプリメントの効果は有効だと思いますので、何を優先的に摂れば良いかを考えました。

 


 

プロテインが飲めるならホエイ、そうでなければBCAA&グルタミン

痛風の人は腎臓に負担のかかるプロテインには抵抗を感じると思います。過去、私はプロテインをがぶがぶ飲んでいた時期があります。

 

痛風なんて気にせずに、1日に4回ほど。痛風でも、同じように全く気にせず飲んでいる人も多いと思います。そのため、私が試してきたもの中から、効果を実感できたものを優先別で記述します。


  1. ホエイプロテイン
  2. BCAAまたはグルタミン
  3. アルギニン
  4. 亜鉛
  5. クレアチン

ここではあえてプロテインを1番にもってきました。価格、効果を考えると、やはりこれなしには、と考えます。

■ホエイプロテイン

  • 効能は言うまでもなく、筋肉の増強
  • プロテインの中では、ガゼインプロテイン・ソイプロテイン・エッグプロテインに比べて最も吸収が早い。(1〜2時間)
  • 水に溶けやすいので飲みやすく味も良い
  • 比較的安価

プロテインは痛風の人にとっては極力避けたいものだと思いますが、1〜2ヶ月ほど試してみて、尿酸値が上昇していたらやめれば良いのです。他でも記述していますが、要は量と頻度です。要法容量を守っていればそれほど気にしなくても構いません。

 

ただし飲み過ぎは禁物で、運動せずに飲むのもNGです。なぜなら脂肪に変わってしまうからです。

※参考:痛風の人にとっては避けたいホエイプロテイン。筋トレ目的で効率よくうまく使い分ければ大丈夫かも!?

■BCAA

筋トレをメインで考えた場合、最初に選びたいアミノ酸がBCAAです。筋量・筋力アップ、集中力・持久力維持、疲労回復に加えて、尿酸値の上昇も抑制してくれる痛風の人にもとっても優しいアミノ酸です。

 

摂取タイミングは、筋トレのパフォーマンスを上げたいなら筋トレ前、そしてできれば筋トレ後にも摂ると効果的です。ただし比較的高価なため、BCAAを買う余裕がなければグルタミンをおすすめします。

※参考:筋トレで最優先に取り入れたいBCAAは、尿酸値上昇を抑制する効果があり痛風にも有効!」を参照してください。

■グルタミン

BCAAと並んで選びたいアミノ酸です。整腸作用、免疫向上、疲労回復、筋肉と筋力の強化と修復、集中力向上、老化防止にEDの改善などなど、効能範囲が広いのが特徴です。しかも痛風にも効果が期待できます。運動や筋トレをしない人にもおすすめしたいアミノ酸です。また比較的安価です。

 

実はもっとも効果を感じたアミノ酸がグルタミンです。筋トレや痛風という事以外に、免疫の向上が実感できたからです。毎年冬になると2〜3回は風邪をひいていたのですが、全く風邪をひかなくなりました。これは凄く嬉しい効果ですね。

 

風邪をひかないということは、他の感染症にもかかりにくいカラダになったということ。そして風邪でジムを休むということもありません。

※参考:筋トレ後のリカバリーとして有効なグルタミンは、実は痛風にも効果があった!

 
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="9765415786">


■アルギニン

筋肉増強、血流改善、血圧改善、アンチエイジング、疲労回復、免疫向上、ED改善、精力向上ということで、こちらも多岐にわたる効果があります。そして、腎臓のろ過機能を高めてくれるので、痛風の人にも良いとされています。

 

ただし、摂取量と摂取方法を守らないと副作用が出ることがあります。アルギニンは強アルカリ性なので、クエン酸と一緒に飲むか、クエン酸で中和されたものと一緒に飲むことです。そして複数に分けて摂取しましょう。

 

そうしないと、胃を痛めてしまいます。また肝機能や腎機能にも影響が出るので、大量摂取はNGです。価格は安価なものから高価なものまであります。

※参考:アルギニンは摂取量を守れば、筋トレだけでなく痛風にも良い影響がある

■亜鉛

健康増進、免疫向上、精力増強、味覚改善、血糖値減少効果などがあります。私の場合、亜鉛については筋トレ目的というよりは、免疫向上という目的で摂取しています。そのためグルタミンと同様、風邪をひきにくい体質になりました。

 

しかも、もっとも安価なもので数百円(2ヶ月分)だったりするので、お手頃に試せます。数百円で健康が手に入れば安いものです。

※参考:筋トレだけでなく健康全体に有効な亜鉛。ただし痛風には影響がある?!

■クレアチン

比較的人気のあるクレアチン。価格は安価〜並くらい。効果は持久力・筋力パフォーマンスの向上、リカバリー、記憶力・集中力の向上が期待できます。

 

ただし、クレアチンを摂取すると血中のクレアチニンが上昇します。これは一時的なもののようなので、それほど気にしなくて良いと思いますが、やはり大量摂取は腎機能に影響します。

 

私も筋力が伸び悩んで体重が増加しないときに試しました。すると体重がすぐに増えたのです。しかし、何度もクレアチンを試すとその効果もなくなっていきました。

※参考:クレアチンは重要なサプリメントだが、腎機能にはマイナス影響も」を参照してください。

まとめ

いろいろつづってみましたが、基本的にはこれらのサプリメントは補助食品です。栄養バランスの良い食事にプラスすると有効とされるものなので、サプリメントの効果を得るには食事をきちんと摂ることですね。そして、サプリメントはくれぐれも大量摂取はしないようにしてください。

>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ