プロテインを摂っている人は体臭に要注意!体臭予防にも痛風改善にも良いとされる成分とは

クエン酸
プロテインは筋トレには欠かせないサプリメントですが、結局のところタンパク質の固まりです。
 
 
タンパク質は肉や魚に多く含まれる成分なのでご存知かと思いますが、肉を好んで食べる人やプロテインを常用している人は体臭や便臭がきついはずです。(笑)
 
 
加えて筋トレすることで乳酸を溜めやすくなるので、汗や尿に含まれるアンモニアの量が増えてしまいます。
 
 
だからやっぱりそうでない人と比べると、ちょっと体臭が気になると思います。
しかも自分では気づきにくい。
 
 
周りにいる女性は匂いに敏感ですから、あなたの体臭に気づいているかもしれません。
でも、体臭のことを言ってくれる人は少ないと思います。
 
 
そのため自分では気づきにくい体臭を改善し、疲労や痛風にも効果的な成分を取り入れて、筋トレに励みましょう!^^


Sponsored Links

 
 

体臭を予防するのは、疲労回復にも有効なクエン酸

 
クエン酸は酸っぱい食品に含まれています。
 
 
たとえば、柑橘系の果物や梅干し、お酢など。
これらにたくさんクエン酸が含まれています。
 
 
夏場に汗をかく仕事や作業、運動をしているときに、レモンを舐めたり梅干しを一粒食べたりする人いますよね。
目的は夏バテ防止。
 
 
確かに短時間で疲労改善効果を実感できるので、疲労する前後にオレンジジュースを飲んでみるのも良いと思います。
 
 
このクエン酸の効果ですが、疲労回復だけでなく、体臭予防や痛風改善にも役立つと思われるので次にまとめます。
 
 

クエン酸の効果

 
クエン酸の効果として有名なのが、疲労改善効果です。
クエン酸は疲労した際に分泌される乳酸を溜め込まない働きがあります。そのため、疲労改善効果が高いのです。
 
 
そして、乳酸は尿や汗のアンモニア量を増やしますが、 クエン酸を摂取することで乳酸が増えにくいので、結果的にわきがや体臭の予防に役立つということです。
 
 
また、クエン酸は 血液を弱アルカリ性にするために血中の尿酸が溶けやすくなるんですね。そのため血中尿酸値の上昇抑制効果が期待できます。
 
 
その他、血液をドロドロの酸性からサラサラの弱アルカリ性にするため、血流改善効果が得られます。
体内に吸収されにくいミネラルを吸収しやすくするキレート作用効果や、免疫力向上、メタボ予防にも役立つのです。
 
 
次にクエン酸の効能をまとめます。
 
 
  • 疲労回復
  • 体臭予防
  • 尿酸値上昇抑制
  • キレート効果
  • 免疫力向上
  • メタボ予防
 
これらの効果って、筋トレ大好きで痛風を気にしてる人には超重要じゃないですか?^^
 
 

クエン酸の摂取方法

 
クエン酸は食品でも摂れますし、サプリメントも各社から色々販売されていますが、クエン酸粉末をドラッグストアで買ってクエン酸ウォーターを自分で作ったほうがかなり割安なのでおすすめです。
 
 
無水クエン酸 1kg 食品添加物規格(食品) 純度99.5%以上 無水クエン酸 チャック式アルミ袋
 
 
ただし、クエン酸粉末は湿気に弱いので、早めに消費したり冷蔵庫に保管しましょう。
 
 
1回分の水500mlに対してクエン酸の粉末3g〜5gを溶かします。
これを毎食後や筋トレ前・筋トレ中に飲むようにします。
 
 
クエン酸は刺激が強いため、空腹時に飲むと胃腸が荒れてしまうので、筋トレ前が空腹状態であれば、バナナやおにぎりを一緒に摂ると良いでしょう。
 
 
クエン酸は十二指腸でアルカリ性に変化し、体内に入ってから4〜5時間で消えてしまいます。
そのため、こまめに少しずつ摂取するのが良いですね。

過剰摂取しても問題ないため、食後・間食後・筋トレ前・筋トレ中の計5〜6回摂取できるのがベストですが、1日2回くらいでも効果は実感できると思います。
 
 

注意とポイント

 
前述したとおり、クエン酸は刺激が強く空腹時に飲むと胃腸を壊すので、空腹時には飲まないように。
 
 
また、歯のエナメル質を溶かす作用があります
柑橘系のジュースやコーラを飲んだあと、歯がキシキシしますよね。
あれはクエン酸の影響です。
 
 
そのため、クエン酸ウォーターや柑橘系のジュースやコーラを飲んだあとは、歯を磨きましょう。
磨くことが出来なければ、少なくとも水で口をすすぎましょう。
そうしないと、虫歯や歯周病の原因になりますからね。
 
 
だから寝る前にクエン酸ウォーターを飲んで、そのまま寝てしまわないように。^^
 
 
あとクエン酸を利用するポイントとして、筋トレ用に飲む場合はクエン酸ウォーターでなくても、オレンジジュースなどの柑橘系ドリンクを代用するのも良いと思います。
 
 
実はオレンジジュースはタンパク質の合成を高めるビタミンCが多く、疲労回復のクエン酸を多く含み、運動後の糖質不足を補うこともできる最良のドリンクなのです。^^
 
 

まとめ

 
特に夏場には欠かせない成分の一つがクエン酸。
 
 
梅干しはたった1個でクエン酸と塩分が摂れるので、非常に良い食品ではないでしょうか。
 
 
夏場、外で働く人には特に重宝する食品です。もちろんスポーツする人にもおすすめできます。水分を失いやすい夏場は、クエン酸ウォーターや柑橘系ジュース、梅干しなどをうまく活用してリカバリーしましょう。
 
 
思った以上に短時間で効果が実感できるはずです。
しかも体臭予防や痛風にも有益なので、摂って損はないはずですからね。
 
 
ただ、摂ったあとは歯を磨いたり、口をすすぐようにしましょう。^^



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ