痛風以外でも有効な食事メニュー

食事メニュー

ここに記載する食事メニューは、私が体調がおかしくなったときに実践していたものなので、まねしてもらわなくても良いです(笑)。

ただ、このメニューで体調が良くなったので、参考程度に記載します。


以前、体重を増やそうとして、晩飯時にご飯2合を無理矢理食べてました。
ビルダーの人からしたら「なんだ、そんなの普通じゃん」なんて思われるかも知れませんが。
そして体重は少しずつ増えていきました。

で、あるとき、右足の親指にしびれを感じました。最初はどこかにぶつけたかな?と思って放っておいたんですが、1ヵ月経ってもしびれが治まりません。

これはちょっとおかしいな?もしかして糖尿?と思って、内科に行って検査してもらったところ、血液検査の結果、糖尿ではなかったんですね。
でも、血圧がちょっと高かったんです。上が150mmHgを超えていたんですね。

ただ、これくらいなら一時的かなとも思うんですが、その内科のドクターは「降血圧剤を処方します。なくなる前にまた来てください。」と言ったのです。


降血圧剤?そんもん飲み始めたら、一生飲むことになるかも!?


ちょっと気になったので、そのあと友人に脳外科医がいたので相談したんですね。

結果、「まず食事内容をしばらく見直してみて、それから降血圧剤を飲むかどうか考えても良いと思うよ。」とアドバイスをもらいました。

それで、そのとき組んだ食事メニューが
調味料を使わないメニュー
だったんです。

内容はいたって簡単で単純です。

・ご飯(一膳以下)
・鶏肉(主にささみ、胸肉)と野菜の炒め物(適量)※炒めずに茹でても良いと思います。
・豆腐(すりごまをかけたもの)
・納豆
・ゆでたまご(2個 ただし黄身は1個のみ)

そしてこれが大事なんですが、炒め物に塩・醤油・ソース・マヨネーズ・ケチャップ・ドレッシングなどの調味料を使いません。
ただし、香辛料・レモン汁・お酢・みりんは少々使ったりしました。また、炒める際の油はオリーブオイルを使います。

こういうものもボディビルダー弁当っていうのかも?

※たまに、みりんに浸したささみにチーズを巻いて、香辛料を少々かけてオーブンで焼いたりもしました。チーズなのでカロリーが上がりますけど、おいしくいただけます(^^)。

このメニューで半年間、夜食のみ毎日続けていました。当然、美味しくありません。
でも私自身が味がなくても比較的平気であったことと、食べている間に食材の旨味が感じられるようになったので、続けられたんだと思います。

なんというか、どこまで挑戦できるかな?的なゲーム感覚で試していたのも功を奏したのかも知れません。

おかげでいつの間にか足の親指のしびれはなくなり、血圧も安定していました。

この経験で学んだことは、

・過剰な食事量はNG
・濃い味付けはNG

ということですね。ごくごく一般的なことですけどね。
適度な食事量と薄い味付けは、他の病気にも有効ですよね。



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ