痛風の薬について

薬



まず最初に、薬については必ず医師の指示に従ってください。ここに記載している内容は、私個人が経験し、得た知識をもとに記述しています。薬の使用については、個人の責任でお願いいたします。当サイトは責任をいっさい負いません。
 
ということで、なんだか固い文章で始まってしまいましたが、皆さんのためでもありますので、よろしくお願いいたします。
 
薬の説明のまえに、、、
発作時は間違っても筋トレしないように!
当たり前のことですが、運動すると炎症がひどくなります。
つまり痛みがひどくなり、長引きます。もっとも歩けない状態だと思うので、ジムに行く人はいないと思いますが。
また、抗炎症剤を飲んで痛みが緩和したからすぐに筋トレ!てのもNGです。
 
すでに治療を受けている方は知っていると思いますが、発作が出てしまったら治療薬を服用する必要があります。発作が出ていなくても、治療を開始することもあります。

 
痛風で使用する薬は大きく分けて次の3つです。
 
■発作時の抗炎症剤
■発作前の発作抑制剤
■尿酸値を下げる尿酸下降剤
 

1.抗炎症剤(発作で痛いとき)

  • 非ステロイド抗炎症薬(NSAID):この薬の服用でほぼ痛みは解消します。 私はこれしか飲んだことがありません。代表的なものがインドメタシン(商品名インダシンなど)、ナプロキセン(商品名ナイキサン)、ジプロフェナク(商品名ボルタレン)

    ※鎮痛剤のアスピリンは痛風発作の鎮静剤としてはNGです。尿酸値を変動させてしまい、重症化してしまう可能性があります。
  • 副腎皮質ステロイド:非ステロイド抗炎症薬で効果が得られなかった場合に使用するようです。ただし、作用が強力なので副作用も強いようです。

2.発作抑制剤(発作の前兆を感じたとき)

  • 何度も発作を経験していると、発作前に前兆のような感覚があります。患部がムズムズしたり、チクチクしたり。私の場合は鈍痛がありました。指で患部を押さえるとちょっと痛い感じ。そんなときに発作抑制剤を服用すると、発作が出る前に抑えられます。発作抑制剤としてはコルヒチンが使われます。このコルヒチン、白血球が尿酸塩結晶を異物として攻撃するのを抑制するようです。非常に優れものです。

3.尿酸下降剤(尿酸コントロール)

痛風の治療を開始すると服用することになる薬です。目的に合わせて3つに分けられ、このうちの1つか2つを服用します。
  • 尿酸生成抑制薬:尿酸が肝臓で過剰に生成されるのを防ぎます。尿酸生産過剰型の患者に使用します。私は治療開始当初、この薬を飲んでいました。代表的なものがアロプリノール(商品名ザイロリック)、フェブキソスタット(商品名フェブリク)、トピロキソスタット(商品名トピロリック)。
  • 尿酸排泄促進薬:尿酸の排泄を促します。尿酸排泄低下型の患者に使用します。私は途中からこの薬に変わりました。代表的なものがプロペネシド(商品名ベネシッド)、ブコローム(商品名パラミジン)、ベンズブロマロン(商品名ユリノーム)。
  • 酸性尿改善薬:尿をアルカリ化にします。尿中に尿酸が増えると、尿酸結石ができやすくなるため、尿をアルカリ化にして結石を予防します。私はこの薬は治療開始当初から服用しています。代表的なものがクエン酸ナトリウム(商品名ウラリット)。
 
と、長くなってしまいましたが、薬に関しては大体こんな感じです。
前述しましたが、私自身は最初に尿酸生成抑制薬(ザイロリック)+酸性尿改善薬(ウラリット)だったんですが、途中から尿酸排泄促進薬(ユリノーム)+酸性尿改善薬(ウラリット)になりました。薬の内容は医師の判断で変わることもあるということです。
 
また、抗炎症剤と発作抑制剤は常に持ち歩いているほうが良いです。いつどこで発作がおきるかわかりません。コルヒチン1つ持っているだけで、助かる事があります。
 
痛風の治療を開始(尿酸下降剤を服用)してから、まもなく発作が出る人が結構います。私自身もそうでしたし、痛風を患っている友人もそうでした。発作は基本的に尿酸値が上がるとおきますが、急激に下がったときにもおこるようです。つまり尿酸値が急激に変化したときに発作が出る可能性があるということです。
 
治療開始当初、
 
薬飲んでるのに発作が出た!何で!?(涙)
 
と思う人もいると思いますが、尿酸値の変動によっておこったということですね。
この発作はそれほど気にしなくても良いと思います。(^^)
ただし、このときどの薬を服用するかは、必ず医師に相談してください。
 
それと、筋トレについてですが、発作が治まってから1週間くらいはやめといたほうが良いと思います。



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ