薬を飲まずに尿酸値を安定させるには?「PN-0」は尿酸値改善のサポートになるかもしれない

アミノ酸

痛風や痛風予備軍で尿酸値を気にしている人からすれば、
尿酸値を下げる薬はできれば飲みたくないものです。
 
 
薬は飲まずに済めば、それに超したことはありませんからね。
 
 
痛風の原因が肥満であれば、痩せれば尿酸値は下がるでしょう。
でも、そんな簡単に痩せられない人もいます。
筋トレが原因で尿酸値が高めの人もいます。
でも、筋トレはやっぱり継続したいですよね。
 
 
そこで、薬で尿酸値を下げるという手もありますが、
なんとかして薬を飲まずに尿酸値を安定させたい、
と考えるのが本心ですよね。
 
 
そこでちょっと気になったのが、
尿酸値を下げる可能性のあるサプリメントです。
 
 
それが「PN-0」です。
 
 
少し前までは尿酸値を下げるサプリメントはない、と言う人もいました。
でもその効果を実際に感じている人もいるので、
今回は、本当のところどうなのか?をまとめてみました。


 
 

「PN-0」とはどんなサプリメントなのか

 
「PN-0」とは尿酸生成抑制効果と尿酸排泄効果の高い
アミノ酸「アンセリン」を含んだサプリメントです。
 
 
この「PN-0」に含まれるアンセリンは、鶏からの精製のようです。
以前は鶏からの精製は難しく、カツオやマグロなどの魚類から
精製されていたはずですが、
今は鶏からの精製技術が向上したってことかもしれません。
 
 
「PN-0」には他にも色々な有効成分が含まれています。
 
 
アンセリン以外では、次の成分と特徴があります。
 
 
  • 精製魚油:血液サラサラ、LDLコレステロール・中性脂肪低下、高血圧・動脈硬化防止
  • 大豆サポニン:血液サラサラ、血中コレステロール・中性脂肪低下、抗酸化作用、肝機能障害の改善、抗がん作用、免疫向上
  • 葉酸:造血作用、細胞再生、高血圧予防
  • キャッツクロー:免疫力向上、抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、血圧降下作用
  • 西洋サンザシ:利尿作用、抗酸化作用、アンチエイジング
  • 田七人参:肝機能障害・肝炎の改善効果、抗がん作用、血流改善、止血効果
  • 高麗人参:血流改善、動脈硬化・血栓予防、糖尿病予防、精力増強
  • クエン酸:疲労回復、体臭予防、尿酸値上昇抑制(詳しくはこちら)
  • ノコギリヤシ:頻尿改善、抜け毛予防
 
 
ごちゃごちゃと書きましたが、まとめてみると、
血流改善、生活習慣病改善、免疫力向上などがほとんどですね。
 
 
で、加えていえば、これらの効果は、
筋トレのサポートにも役立つものがほとんどですね。
血流改善効果が高いというのは、
筋トレの効果や他のサプリメント摂取にも有効ですからね。
 
 
最近のサプリメントは、一つや二つの成分だけでなく、
上に示したような多くの成分を含有しているものが多いです。
 
 
それにしても「PN-0」、詰め込み過ぎじゃないですか?(笑)
 
 
まぁ、おそらく、他の製品との差別化が理由の一つだとは思います。
でもその分、材料が増え、製造過程も増えてしまうので、
一見すると「高額なんだろうな」と思うと思います。
 
 

サプリメントの表記では効果を書きたくても書けない理由

 
「PN-0」の商品広告を見てもらうとわかりますが、
どこにも「尿酸値が下がります。」なんてキーワードはありません。
→ PN-0(ピーエヌゼロ)30日間返金保証付き
 
 
試した人たちのコメントを読んでも、
「数値が下がりました!」との記載はあっても、
何の数値かは書いていないのでわかりません。
 
 
おそらく、尿酸値の数値のことだとは思いますが。^^
 
 
そう考えると「なんかこの商品(広告)、怪しい」
と思いますよね。
 
 
確かに怪しいところもあるかも知れませんが、
実際には効果・効能を広告や商品に記載したくてもできない
というのが本当の理由でしょう。
 
 
理由は薬事法にひっかかるからです。
 
 
食品やサプリメントの場合、
「病気を治癒、または改善」するような意味を含んだ表現は
できないからです。
 
 
だから、
「こんな効果があります。」
「こんな効能が期待できます。」
という表現は使えません。
 
 
販売側としては本当は「尿酸値が下がる効果があるんです!」と、
声を大にして言いたいはずです。(笑)
 
 
でもできないから、なんとかして「商品」の価値を
わかってもらいたい、と必死なんだと思います。
 
 
ただし、薬事法では、食品やサプリメントでも、
「健康増進」などの”0 → プラス状況”にするような
表現は問題ないようです。
 
 
そのため、世の中の食品やサプリメントは、
どれも似たような、ちょっと「怪しい」表現に
なってしまうんですね。
 
 

「PN-0」を購入するリスクについて

 
アンセリンを始め、他の成分も商品としてではなく、
単体成分としての効果の検証は行われているので、
その点は問題ないと思います。
 
 
ただし、尿酸値が下がるかどうかは、
実際に「PN-0」を試してみないとわかりません。
そこがサプリメントの短所ではあります。


でも、試している人達のコメントを読むと、
尿酸値が下がっている”雰囲気”は伝わってきます。(笑)
まぁ、薬事法により明確に”効果”を書けないから
仕方ないんだと思いますが。
 
 
でも、これで効果を実感できるのであれば、
薬を飲むよりも、カラダには負担が少ないので、
とても良い選択になると思います。
(もちろん、過剰摂取はよくありません。)
 
 
あと、料金ですが、
「PN-0」に似た他の製品では、
¥8000〜¥10000くらいが相場です。
 
 
「PN-0」はこれだけの成分が入って ¥5980です。
 
 
他の製品に比べたら、頑張ったほうではないでしょうか。^^
 
 
定期購入にすると、
初回¥2400(送料無料)、2ヵ月目以降は¥4800(送料無料)で、
割安感があります。
 
 
決して安くはないと思いますが、
成分を考えれば、悪くない選択だと思います。


また、これはメリットですが、
「30日間返金保証」があります。


1ヶ月試してみて、効果を実感できなければ、
理由を問わず返金に応じる、という保証です。


これはプラスポイントになりますね。
ただ、できれば3ヵ月くらいの返金保証があれば、
更に良かったんですが。^^
やはり3ヵ月くらいの期間がないと、効果を検証できないからです。


でも、結論から言うと、リスクは低いです。
あなたが「薬はまだ飲みたくない、なんとかして尿酸値を下げるものはないか?」
と悩んでいるのであれば、とりあえず1ヶ月間、試してみる価値があります。
 
 
「PN-0」について詳しくはこちら→ PN-0(ピーエヌゼロ)30日間返金保証付き
 
 

まとめ

 
個人的な考えですが、サプリメントは
「マイナスの状態 → 0」にするものではなく、
「0 → プラスの状態」にしていくものだと考えます。
 
 
つまり、今は特に困っていないけど、
もっと健康になりたいとか、筋肉を増やしたいとか、
キレイになりたいとかです。
 
 
それを補う可能性があるのがサプリメントの役目だと思います。
 
 
逆に薬は「マイナスの状態 → 0」にしていくためのもの。
つまり悩める状態から正常な状態にしていくということです。
 
 
ただ、最近は薬並みとはいえないけれど、
効果が高いサプリメントも多く出てきています。
 
 
保険を使えば薬は安く手に入るけど、
長期的な目でカラダへの負担を考えるのであれば、
サプリメントの選択というのもありなのかも?と最近は考えます。^^



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ