筋トレを続けるための風邪予防対策はこれ!私が実践したとっておきの方法と、思いもよらぬ効果とは!

風邪

あなたは風邪をひいたことありますか?
おそらくほとんどの人が、風邪くらいはひいたことがあると思います。


でも、なかには一度も風邪をひいたことがないという、
強靭な肉体の人もいるかもしれません。


私の場合、どちらかというと、
風邪をひきやすい体質でした。


「でした」と過去形なのは、
今は風邪をほとんどひかなくなったからです。


以前は、毎年冬になると必ず、
2〜3回以上は風邪をひいていました。


風邪は辛いですよね。
もう、ほんま辛いし、面倒くさい。(笑)


熱が出ればしんどいし、悪寒がして気分悪いし、
咽頭痛や咳、鼻水は苦しいですよね。


今回は、私が実践したとっておきの風邪予防と、
風邪をひいてしまった場合の対策をお伝えします。


Sponsored Links


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="7612988381"
data-ad-format="auto">



筋力トレーニーが風邪をひきやすい理由

世間一般的には、筋トレをしている人は風邪などひかない、
という先入観があるみたいですね。


それはおそらく、
(筋力トレーニー=体力がある)
という考えからだと思います。


確かに筋力トレーニーは間違いなく体力があります。


でも、実際には
(体力=風邪に強い)
ではない。


どちらかというと、
風邪をひきやすい
のです。


筋力トレーニーが風邪をひきやすいのは確かです。
私も筋トレをする前は(と言っても学生時代ですが)
それほど風邪をひかなかったような気がします。


筋力トレーニーが風邪をひきやすい理由は、
筋トレをしていない一般の人よりも、
体力を落とすタイミングが多いからです。


もうちょっと簡単に言うと、
いつも体力が強いわけじゃない、
ということですね。


つまり、体力が落ちている時(強くない時)に油断すると、
風邪をひいてしまう、ということです。


じゃあ、いつ体力が落ちているのかというと、
それは筋トレ後ですね。


筋トレ後は、筋肉が傷ついてしまい、
一般の人よりも体力が落ちてしまっています。
それに加えて「筋トレした」満足感により、
気が緩みがちになります。


ここで油断すると、あっという間に風邪をひきます。


だから冬は風邪に要注意ですね。


また、もう一つ付け加えておくと、
長期にわたりハードな筋トレをしている場合、
筋トレ直後だけでなく、
冬の時期はいつでも風邪をひきやすいと言えると思います。


ちなみに、
逆に体力が十分に回復しているタイミングである筋トレ前に、
風邪をひくことはあまりないと思います。


一般的に知られている風邪対策

一般的に言われている風邪対策は、


  • 手洗い、うがいの励行
  • マスクをする
  • 体を温める
  • ガムを噛んだり、飴を舐める
  • 免疫を高める食事をする

などがあり、
色々なサイトでも取り上げられています。


これらは、正しいことであり、
効果もあると思います。


でも、正直、


そんなもん知っとるわ!
もっとほかにこう、何かないんか!?


と思ってしまうのは、私だけではないはず。(笑)


それにこれらの予防法って、
どちらかというと保守的というか、守備的というか、
ウィルスから身を守ろう的な方法が多い。


ちょっと思うんですが、
ウィルスから身を守ることばかりやってると、
ウィルスに対して弱くなるんじゃないですか?


もうちょっと積極的にウィルスに対して、
強くなろうとか考えてもいいと思うんです。


ただ、体力のない時や、すでに風邪をひいてしまっている時は、
体を温めたり、マスクをしたりするのは正論だと思います。


風邪予防&風邪対策に効果的なサプリメント

ちょっとお金を出しても良いから、
普段から風邪予防をしたい、
なるべく早めに風邪を治したい、
という方にはグルタミンのサプリメントがオススメです。

※グルタミンについてはこちら


お金を出すとは言っても、
2〜3千円から手に入ります。
サプリメントとしは安価な方ではないでしょうか。


それに、毎日飲まなくても、
2〜3日に1回の頻度でも効果はあります。
そう考えたら、とても経済的で安価な風邪予防法だと思います。


風邪やインフルエンザだけでなく、
他の感染症に対しても効果を発揮します。
それだけ免疫力を高めてくれて、
疲労を回復してくれるんですね。


また、グルタミン以外で何かないの?という場合は、
亜鉛をお勧めします。

※亜鉛についてはこちら


亜鉛は皮膚や粘膜の免疫を向上してくれます。
そのため、感染症に強くなります。


しかも、DHCなどのカプセルタイプやタブレットの亜鉛であれば、
ドラッグストアやコンビニでも購入できて、
価格も何百円から売ってます。


ちなみに亜鉛はセックスミネラルでもあるので、
あっちの方にも効果があります。^^


ということで、私の風邪対策サプリとしては、


  • 予算が許せるのであればグルタミン
  • 安価に対策したいのであれば亜鉛

という感じですね。(^^)


お金も特別な道具も必要ない、私が実践したとっておきの風邪対策とは!?

そして、私が最も効果があると感じた風邪予防対策があります。


冬の間、風邪をひかないどころか、
風邪をひく気配すらも感じない方法です。


しかもお金もかからなく、特別な道具も不要です。
でもこれは、ちょっと勇気のいる方法でもあります。


気になりますよね?^^


その方法とは、、、


水浴びです。


いえ、水行といった方が良いかもしれません。


しかし、この効果はテキメンです。
冬の間中、風邪とは無縁でした。


あれほど風邪をひきやすかったのに、
まったく、と言っていいほどです。


それに加えて、もう一つ思いもよらない効果がありました。


それは、体重の減少です。


つまり、脂肪が落ちたんですね。
3〜5kgくらい落ちましたね。


特にこのことを目的にしていたわけではありません。
偶然かな?と思ったんですが、
水浴びをした人は、ほぼ体重が落ちるみたいです。
これって、体重を落としたい人には朗報ですよね。^^


水浴びの方法

それでは、その水浴びの方法をお伝えします。


  1. できれば早朝に、お風呂で洗面器に水を満杯に入れ、
    その水を、肩か頭から3〜10杯ほど浴びる。
  2. 水浴び後、すぐにタオルで体を拭く。

これだけです。


こんなことをしたら風邪をひくんじゃないの?と思うかもしれません。
でも実際には、体が不思議なくらい温まります。


私はこれを10月〜3月まで続けていました。
その結果、まったく風邪をひかなくなりましたね。


水浴びの注意点

とはいうものの、
全ての人にお勧めできるわけではありません。


次の人にはお勧めしません。

  • 心臓疾患のある方(心筋梗塞など)
  • 脳疾患のある方(脳梗塞など)
  • 高血圧、低血圧、不整脈の方
  • すでに風邪などの感染症にかかっている方

銭湯で水風呂やサウナに入るのと同じ注意ですね。
基本的に健康体であることが条件です。


もし、興味があるのであれば、
風邪をひいていない状態で、
まだそれほど寒くない10月や11月くらいから始めるのがベストです。


そして、いきなり10杯とかかぶるのではなくて、
最初は3杯くらいからで良いと思います。
たった3杯でも結構きついはずです。


それに12月、1月は、かなりきつい。(笑)


それでも、効果はあるはずです。
絶対に風邪をひきたくなくて、体力に自信があるという方は、
一度試してみはどうですか?^^


風邪をひいてしまった時にやったほうが良いこと

風邪をひいてしまったら、
前述した一般的な予防対策や、
サプリメントの摂取はしたほうが良いです。


医者に行くことや薬を飲むことに関しては、
意見が分かれると思いますが、
症状を緩和したいのであれば、
早く医者に行くべきだし、薬を飲むべきです。


あくまでも薬自体は風邪を治すわけではなく、
症状を抑えるものです。


また、風邪ではなく、
インフルエンザや扁桃炎であれば、
医者にすぐ行くべきでしょう。


インフルエンザ自体は放っといても数日で治りますが、
他の人への感染を防ぐために、
扁桃炎は、治っても再発することが多いので、
抗生物質の処方をしてもらったほうが良いです。


私は昔、扁桃炎で高熱を発症し、治ったと思ったら、
2〜3週間後にまた再発なんてことが何度もありました。


扁桃炎て辛いんですよ。
高熱で辛いし、喉がめちゃくちゃ痛くて、
飯も喉を通りません。


もし、普通の風邪じゃないと思ったら、
すぐに医者へ行きましょう。^^


そして最後に、
風邪をひいた時に、筋トレはどうするべきか?


これは、やらないほうが良いです。


若い頃は、風邪を治すために軽めの筋トレをしたりしましたが、
結果として風邪を悪くすることのほうが多かったんですね。


だって、体力を落とす行為をしてるんですから。


まぁ、ちょっと咳が出る、鼻水が出る、
などの症状なら大丈夫だと思いますが、
熱がある、悪寒がする、喉が痛い、
などの症状の場合は、やらないほうが良いです。


こんな時は、思い切って筋トレ休暇を設けましょう。


体力を高めるために、筋トレ休みをすることは重要で、
しかも有益ですから。


私の場合「あぁ、休みにできる!」てな感じで、
気持ちを切り替えます。^^


まとめ

今回は風邪予防と風邪をひいた時の対策をお伝えしました。


その内容をまとめます。


風邪予防としては、

  • 一般的な風邪予防対策
  • グルタミンや亜鉛のサプリメントを摂る
  • 水浴びをする

風邪対策(すでに風邪をひいた場合)としては、

  • 一般的な風邪予防対策
  • グルタミンや亜鉛のサプリメントを摂る
  • 医者に行く、薬を飲む
  • 筋トレを休む

こんな感じでしょうか。


もし何も対策をしていないのであれば、
亜鉛くらいは飲んでおいたほうが良いですね。

ガッツン
よっしゃ、今年は水浴びで風邪予防。
・・・って、できるかぁ〜!!
やっぱり今年はサプリメントで対策しよ♪♪



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ