筋トレ好きは危険!?筋トレ中毒が及ぼすメンタルへの影響とは

モチベーション

筋トレが好きすぎるのは危険?こんな記事を見つけました。


【警告】ジム通い・筋トレ好きの男はメンヘラの可能性大!「筋肉は男の化粧品」「身体醜形障害多し」ハーバード大

つまり、過度な筋トレを行うとメンヘラ(うつ状態)になりやすいということのようです。
私自身も筋トレオタクではありますが、筋トレが原因でうつになったことなど一度もありません。むしろ、筋トレのおかげでうつな気分から解放されることのほうが多いのです。


ただ、あまりにも体型を気にしすぎて筋トレに固執してしまうと、うつになってしまう人もいるということですね。

Sponsored Links


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="7612988381"
data-ad-format="auto">



世の男性の10%が身体醜形障害


身体醜形障害とは、自分の体型を気にしすぎて思い悩んでしまうことです。身体醜形障害の人は、必要以上に筋トレを行ったりダイエットしたりしてしまうけど、それでも体型に納得できないでいるため、うつになってしまう。筋トレを行っても、すぐには理想の体型にならないため、益々筋トレをやってしまう。1日でも筋トレをしないと、罪悪感を感じてしまいます。


そして目的の体型にするために、薬や筋肉増強剤を使い始めたりする場合もあるようです。なんだかちょっと強迫観念的な感じがしてしまいますが。


私自身も筋トレを始める前は体型を気にしていましたが、筋トレを始めてからはその面白さにとりつかれて、結果20年以上継続していて、そして今後も続けていくでしょう。でもそれは、「こういう体型にならなきゃ」という強迫観念ではなく、「こんな体型になりたい」という希望的概念からくるものです。


筋トレを長く続けていれば誰でも実感すると思いますが、そんな簡単に目標体型になることはありません。でも、長期・中期・短期で確実に体型には変化があります。毎回の筋トレ後に起こるパンプアップを感じたり、挙上重量更新で喜びを味わうことも多いのです。


ただこれは私の個人的な考えです。人によっては、一刻も早く目標体型に近づくためには筋トレは欠かさず、場合によってはどんな手段を用いても達成しなければと考え、仕事や趣味、付き合いや生活を犠牲にしてでも、自分の体を鍛えることを優先してしまうという人もいるということですね。


こうなると、自分の財産をすべて肉体改造に投入してしまう恐れもあります。


筋トレマニアは筋トレが夢中になる状態がベスト


プロやハイアマチュアのアスリートであれば、競技に勝利するとか記録を更新するなどの高い目標を達成するために、明確な目標設定と準備、それと強い意志が必要です。この場合は、それ相当のプレッシャーがあり、仕事や生活をある程度犠牲にしてでも目標を達成しようとします。


もしあなたがプロやハイアマチュアであれば別ですが、そうでないのであればそこまでプレッシャーを感じる必要はありません。私と同じ普通に筋トレ大好きオタクで良いと思います。


なぜなら、筋トレ好きのレベルで「筋トレつらい」「筋トレやめたい」「筋トレ面倒臭い」と思うようになってしまっては、いずれ筋トレをやめてしまう可能性が高いからです。そのため「楽しんで面白く熱中する」という考えで良いのではないでしょうか。いわゆる夢中になる状態ですね。そのほうが、筋トレの効果は高まります。


それは、「嫌々筋トレをやっている人」よりも「筋トレが好きな人」のほうが上達が早く、「筋トレが好きな人」よりも「筋トレを楽しんでいる人」のほうが効果が高いということがわかっているからです。


筋トレは逆にうつ病に効果的


さらに、前述したように筋トレはうつを改善する効果もあります。これは科学的根拠と個人的体験が理由です。


筋トレをすると脳内にセロトニンという神経伝達物質が分泌されやすくなります。セロトニンはドーパミンとノルアドレナリンの過剰分泌を抑制して不安を取り除く効果があります。
※参考:筋トレはうつ病にも好影響を与える。その理由は脳内伝達物質にあった!

そして、実際にゆううつな状態で筋トレをすると、ゆううつな原因である嫌な出来事に対して、楽観的に考えられるようになります。これは個人的な経験から実感しました。


仕事などで嫌なことがあると「今日は筋トレなんてしたくない」って思ったりするわけなんですが、それでも無理してジムへ行って筋トレすると、実際に気持ちが軽くなるわけです。


もし、仕事などで「筋トレをする気が無い」気持ちになっても、ちょっと無理して筋トレしてみてください。前向きな考え方になりますよ。とくにうつ状態になっている人には、筋トレはおすすめです。


生涯通じて筋トレは有益であるということ


メンヘラやうつ病とは話が逸れますが、筋トレは何歳になっても可能な運動でありスポーツです。筋トレをすることで、足腰は強くなり健康寿命が延びます。筋トレは筋肉だけでなく骨にも好影響を与えます。だから、将来歩けなくなる不安も軽減するわけです。


加えてメンタル的にも良い影響を与えるため、これほど良いことづくめの運動はあまりないのではないでしょうか。

>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ