筋トレって何歳までできる?年齢的に筋肉が発達できる限界は?

高齢筋力トレーニー

「体を鍛えよう!でも、俺にできるかな?」

 

こう考える時期ってありませんか。

 

多くの人が、肌を露出する機会が多い夏が近づいてきた時。
または、健康を意識する必要に迫られた時。
あるいは、マッチョな体を見る機会があって刺激を受けた時。

 

人によって、いろいろあると思います。

 

動機がどうであれ、鍛えよう!と考える事は素晴らしいことですよね。

 

でも、ふと考えることがあります。

 

それは「何歳」まで筋トレってできるのか、ということ。

 

あなたがもし50歳を過ぎていたら「年齢的に自分には無理なんじゃないか?」と思うかもしれませんね。

 

逆に、あなたが中学生だったら「ガンガン筋トレしてもいいよね」と思うかもしれません。

 

今回は、そこに焦点を当ててみます。

 

Sponsored Links


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="7612988381"
data-ad-format="auto">


 

何歳からでも筋トレがOKな訳ではない 〜骨端線とは〜

 

最初に、筋トレは何歳から行っても大丈夫なのか、ということについて。

 

人の体の関節には「骨端線」と呼ばれる軟骨のような組織があります。ただし、これは成長期である10代後半までになくなります。

 

この骨端線が存在している間に高負荷な筋トレを行ったりすると、骨端線が損傷したり、骨が変形したりして、骨の成長に良い影響を与えません。

 

例えば、身長が伸びなくなるとかね。

 

私の小学校の同級生で、当時身長が一番高かった奴の話です。
その同級生は、格闘技に憧れて中学時代に筋トレにはまってしまってガンガンやってたようです。

 

高校を卒業するくらいの頃、何年かぶりにその同級生と再会したんですが、中学時代から身長が止まっているようでした。

 

なぜなら、私よりも身長が低かったからです。

 

私は身長高くないですよ。(現在164cm。笑)小学校時代も前から数えたほうが早かったし。

 

そんな私よりも身長が低いので、ちょっとびっくりしましたね。

 

だから、やはり、骨端線がある成長期には、高負荷な筋トレはやらないほうが良いと言えます。

 

では、何歳からなら良いのか。

 

骨端線は男性の場合、17歳くらいまであるようです。
それを過ぎるまでは、高負荷な筋トレはやらないほうが良いと言えますね。
ということは、17歳くらいからなら問題ない、と言えます。

 

逆に17歳を過ぎたら、早速筋トレを始めたほうが良いです。

 

なぜなら、20歳を過ぎてしまうと、骨格を変えることが難しいからです。

 

私は、23歳から筋トレを開始したせいか、肩幅を広くすることができていません。今思うと、すごく後悔しています。(苦笑)

 

だから、筋トレを始めるベストなタイミングは、高校生くらいからですね。

 

筋トレ自体は何歳までできるのか

 

とはいうものの、20歳を過ぎていたら筋トレできないわけではありません。

 

むしろ、筋力トレーニーは20歳を過ぎてから始めた人がほとんど。

 

20歳を過ぎると骨格は変えられないけど、筋肉はどんどんつけることができますからね。

 

自分の体感で、一番筋肉がつきやすいと感じる年齢は30代。
ただこれは、私が23歳の時から筋トレを継続してきて得た感覚なので、30代で初めて筋トレをしたら筋肉がつきやすいかどうか、というのはまた別になります。

 

しかし、結論から言うと、筋肉は何歳からでも発達させることが可能です。

 

つまり、何歳からでも筋トレすることで、筋肉をつけられるということです。

 

60代、70代から筋トレを始めて筋肉をつけた人もたくさんいるし、80代の現役ボディビルダーもいます。

 

そしてこれは、男性女性に関わらずです。

 

私の母親は、60代でジムに通い始めて、気がついたら上腕二頭筋が発達してしまっていて、自慢されましたもん。(笑)

 

だから、筋トレは何歳からでも大丈夫なんです。

 

ただし、筋トレを始めるのであれば、やはり早い方が良い。

 

その理由を次でお伝えしますね。

 

年齢的に厳しいものとは

 

筋トレは何歳からでも始められますが、早い方が良い、とお伝えしました。

 

その理由には2つあります。

 

一つ目の理由。

 

それは、筋肉がつくスピードが年齢とともに遅くなるため。

 

筋トレは何歳からでも可能だし、筋肉も発達するんですが、筋肉が発達するスピードは加齢とともに落ちていきます。

 

20代、30代の人と比べたら、70代の人が同じスピードで筋発達することはないということ。これは、どうしても仕方ありません。
だから、筋トレはできるだけ早い方が良い、ということです。

 

二つ目の理由。

 

これは、メンタル的なモチベーションの問題です。

 

20代や30代の人のやる気度と、60代、70代の人のやる気度の違いですね。(筋トレをすでに行っている人は別です)

 

今から筋トレで体を鍛えよう!とどれだけ強い気持ちで取り組めるかどうか。

 

何十年も体を動かさなかった人が、60歳でいきなり強い意志を持てるか、ということです。

 

ただこれは、年齢的というよりは、本人の意思の強さに関係するかもしれません。なぜなら、20代でも筋トレを3日坊主で諦めてしまう人がたくさんいるからです。
(ちなみに私も三日坊主な時期がありました。(笑))

 

ということは、逆に年齢というのはあまり関係ないと言えますね。
前述したように、私の母親も筋トレを始めたのは60代でしたから。^^

 

筋トレ休止期間から復活まで

 

筋トレを長くやっていたけど、やめてしまった、という場合もありますよね。

 

その場合、新たに筋トレを開始すれば、元の状態に戻すのは難しくないです。

 

筋トレを再開すると、マッスルメモリーによって筋肉が鍛えていた頃の元の状態に戻ろうとするからです。
※マッスルメモリーについてはこちらを参照してみてください。

 

ただし、マッスルメモリーは筋トレ期間が1年以内とか短いと、あまり効果を期待できません。

 

逆に言えば、5年、10年、20年とか長年筋トレを継続していて、一度やめて復活する場合は、おそらくすぐに元の状態に戻せる、ということになります。

 

でも、やはり、年齢が若い状態の時に再開するのがベストですね。

 

答えとしては、筋トレは思い立ったら今すぐに!です。^^

 

とはいうものの、今すぐ筋トレが出来ない状況の人もいると思います。
その場合は、焦らなくても良いです。

 

でもできれば「◯◯から筋トレをやるぞ」と、きちんと計画を立てておくと、案外スムーズに筋トレを始めることができますよ。

 

もし、筋トレを計画を立てて取り入れたいと思われたのであれば、こちらを参考にしてみてください。あなたの役に立てると思います。^^

ガッツン
何歳からでも筋トレができるのは安心だね。でもやっぱり早い方が良いかな。だって、早く筋トレを始めた分カッコイイ体でいられるしね。



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ