筋肉増強に効果的・経済的なサプリメント!痛風にも影響が少ないHMBはどれを選べばベスト?

栄養素
筋トレしている人はプロテインやアミノ酸を利用している人は多いと思います。


そして、毎回プロテインを摂っているからなんとなく効いている気がする、という人も多いと思います。
とにかく体重を増やしたいからガブガブ飲んじゃってる人もいるでしょう。過去の私もそうでした。(笑)
 
 
でも、プロテインを頑張って飲んで効果をはっきりと実感した人は少ないかも知れません。
 
 
体重が増えたのであれば効果があったと思いたいですが、脂肪だけが増えたのでは意味がありません。
 
 
痛風の人にとってはプロテインに抵抗を感じている人もいますよね。(ただし痛風といえど、私の過去の経験と尿酸生成のメカニズムから、プロテイン摂取を過剰に気にする必要はないと思います。)
 
 
そこで注目したいのがHMBです。
 
HMBとはなんぞや?
 
今回はそれをまとめてみました。


モニターの89.5%が漲るパワーを実感!!
今話題のHMBサプリで引き締まった理想の体づくりをスタート!
★今だけ! 一ヶ月分を実質『無料』で★

 

HMBとは

 
HMBとはβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸の略で、必須アミノ酸の一つであるロイシンの代謝物です。
 
 
摂取することでどんな作用があるかというと、
 
 
筋肉の合成を促進
筋肉の分解を抑制
 
 
これらの効果が期待できるのです。
この二つの効果って、かなり重要じゃないですか?
 
 
HMBのメカニズムを簡単にいうと、筋肉を合成するシグナル伝達制御をサポートし、筋肉を分解するシステム経路を抑制するということです。
 
 
プロテインとの違いとしては、プロテインが筋肉を作る栄養素(材料)であるのに対して、HMBは筋肉を作らせ、筋肉を分解させない指令を出す役割を担っているアミノ酸、といえば良いでしょうか。
 
 
ただし、このHMBはロイシンからたったの5%しか変換されません。
 
 
HMBを3g摂取するには60gのロイシンが必要で、それをプロテインで補うとしたら約20杯飲む必要があります。(笑)
 
 
20杯… ただでさえプロテインは割高なのに…(- -;
尿酸値を気にする人からすれば嫌になりますよね。
 
 
だから食事やプロテインでHMBを補うには現実的ではないので、HMBのサプリメントが重要なのです。
アミノ酸なので、尿酸値や腎機能への負担を気にする人にも有効ですね。
 
 

筋トレへの効能

 
筋肉を増やしてくれて、筋肉分解を抑えてくれる、こんなうまい話があるの?
 
 
と、思いますよね。
 
 
HMBを摂取した場合、プロテインに比べて約7倍の筋肉合成が実証されているそうです。
また、被験者がHMBを摂取した場合と摂取しない場合に比べて、筋肉量の増加が2.5倍(!)ほどあったそうです。
 
 
ほんとかよ!
 
 
もちろん、必ずしもこの結果が出るわけではないと思います。
個人差があるのが普通ですからね。
 
 
ただ、効果の出やすいカラダの状態ってのがあるようです。
 
 
それはどんな状態かというと、
 
 
・筋トレ初心者(筋トレ初めたばかり)
・筋トレベテラン者の場合、いつもより負荷をかけて行った状態
 
 
のようです。
 
 
これを見ると、初心者のほうが効果が出るまでの時間が早いらしいので有利に思えます。
でも、実際にはどちらも「いつもよりも負荷をカラダにかけている状態」に効きやすい、といえますね。
 
 
そのため、筋トレしている人には誰でも試してみる価値はあると考えます。
 
 
実際の効果を感じられるまでの期間は、数週間〜数ヶ月のようです。
 
 

カラダへの負担は

 
前述しましたが、アミノ酸サプリになるので腎機能への負担は少ないです。
痛風の人や、尿酸値、腎機能を気にしている人には朗報ですね。
 
 
アミノ酸ですから、カラダへの吸収も迅速です。
 
 
毎日摂取しても良いようなので、カラダへの負担が低く、吸収が迅速に行われるのは助かりますよね。
 
 
ただし、容量は守らなければカラダへの負担になります。
薬ではないので、多少増減してもさほど問題はないと思いますが、摂り過ぎはやはり気をつけたほうが良いです。
 
 
これは食事や他のサプリメントにも同じことがいえます。
常識的な範囲であれば、まったく問題ないということです。
 
 

摂取方法

 
アミノ酸なので吸収が早いことを考慮し、筋トレ直前、筋トレ中に水で飲むのがベストですね。
筋トレしない日は、食後に飲むと良いです。
 
 
可能であれば、毎日(容量を守って)飲むほうが良いようです。
 
 

おすすめのHMB

 
 
HMBは海外ではメジャーに利用されているようですが、日本に入ってきたのはまだ数年前のようです。
 
 
今では色々と各社がHMBを出してきていますが、製品のクオリティ、料金、保証内容からビルドマッスルHMBがおすすめです。
 
 

ビルドマッスルHMBの特徴

 
 
ビルドマッスルHMBは、HMBだけでなく次の成分を含んでいます。
 
 
・HMB
BCAA →参考記事
グルタミン →参考記事
・フェヌグリーク →参考記事
・バイオペリン
・シニュリンPF
・トンカットアリ →参考記事
 
 
この中でも必須アミノ酸であるBCAAと、リカバリーのグルタミンが含まれているのは大きいと思います。
 
 
BCAAは筋トレサプリとしては一番重要に考えたいアミノ酸ですし、尿酸値の上昇を抑えてくれる効果が期待できます。
グルタミンは疲労回復だけでなく、免疫力を向上するので風邪や他の感染症にかかりにくくなり、尿酸の排泄を促してくれるので重要です。
 
 
個人的にはこの2つだけ入っていても選びそうです。(笑)
 
 
そしてタブレットタイプなので、携帯しやすくシェイカーも不要です。
袋ごと持ち運んでも邪魔になりませんね。
 
 

内容を考えると比較的割安

 
ビルドマッスルHMBは、タブレットタイプで120粒入り(30日分)です。
1日4粒(約4kカロリー)で1.5gのHMBを摂取できます。
 
 
この内容量で1袋、通常¥7900です。
う〜ん、、やっぱりちょっと高いですよね。(^^ゞ
 
 
しかし、今は得々コースの初回購入価格でなんと¥500(税込み・送料無料)です!
 
 
2回目以降は、25%オフの¥5925(税込み・送料無料)です。

¥5925であれば、比較的普通ですよね。
でも製品内容を考えれば、お得に感じます。
 
 

90日全額返金保証(実質無料!)

 
このメリット大きいですよね!
 
 
90日間、ということは3回分使って効果がないと思えば、返金してもらえるってことです。
(ただし、返金には3回分の納品書とパッケージが必要で、4回目以降は返金不可のようです。)
 
 
使ってみて、
 
 
う〜ん、、ちょっと効果が??
 
 
と思えば、3ヵ月分使った時点で返金が申し込めます。
その場合、3ヵ月分が実質タダです。(^^)
 
 
でも逆に言えば、それだけ製品のクオリティに自信があるってことですね。(^^)
 
 
また、4回目以降はいつでも購入を休止でき、再開もできるようです。
「休止」という表現を使っているので、再開すると25%オフ価格で購入できるってことだと思います。
 
 
もし興味があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

ビルドマッスルHMBを試してみたい方はこちら↓ 
 
私も試してみようと思います。その時はまた効果を報告します。(^^ゞ 


まとめ

 
プロテインを毎日飲むことは1円玉貯金とよく例えられます。HMBの場合は10円玉貯金くらいになるのではないでしょうか。(笑)
 
 
必要なものを必要なだけカラダに摂り入れるので、効果的・経済的なんだと思います。
 
 
ロイシンはアミノ酸の一つですから、腎臓への負担も少なく吸収も早い。
筋トレ頑張っている人はもちろん、痛風の人でも一度試してみる価値はあると思います。
 
 
ただし、前述したように確実に効果があるとは言い切れません。
 
 
これは何でもそうです。合う合わないは試してみないとわからないからです。
私もHMBを試してみようと思います。そのときはまたレポートしますね。(^^)



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ