筋トレをやめるのは自由。だけど、あなたが失うものがたくさんある。それでも「楽」を求めて筋トレをやめますか?

stop

筋トレをやめてしまおう・・・と思ったことがある人は、
結構いるんじゃないでしょうか。
 
 
私自身は、筋トレを始めた当初に何度も挫折しました。
筋トレが嫌で嫌で仕方なかったとき、
なんでこんなことを続けなきゃならないんだろう?と思うこともしばしば。
 
 
また、筋トレを一時的に中断する、ということも何度かあります。
この場合は、やめたいわけではなく、
物理的要因(仕事や用事、怪我、病気など)で中断していました。
 
 
筋トレをやめたり、中断すると、


筋肉はどうなる?
体はどうなる?
メンタルは?

今回はそこに焦点を当ててみました。
 
 

 
 

筋トレをやめたくなる。これは誰でも一度は考えたことがある。

筋トレなんかしたくないな・・・
 
 
あなたも一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。
私は20代前半に本格的に筋トレを始めましたが、それまで何度も挫折しました。
 
 
筋トレを始めるまでは、なぜだかモチベーションが高くて、やる気満々なんです。
でも、三日続けたらやめ、またふと思い立って2週間続けたら、やめ・・・。
 
 
そんな感じで何度も筋トレをやめたりしていました。
 
 
筋トレをやめてしまう理由はいくつかありますが、
その多くが「めんうどくさい」からだと思います。
 
 
そう思ってしまうのは、
筋トレが「つまらない」「面白くない」「すぐに効果が出ない」「しんどい」
からではないでしょうか。
 
 
筋トレをやめてしまうメンタル的な理由をいくつか挙げてみます。
 
 
  • 面倒臭い
  • 楽しくない
  • すぐに効果が出ない
  • しんどい、疲れる
  • なかなか目標の体にならない
  • 満足のいく体になったため、モチベーションが続かない
 
このほか、物理的(不可抗力)な理由としては、
 
 
  • 怪我や病気になって継続できない
  • 仕事が多忙
  • 経済的負担
  • 加齢による体への負担
 
 
などが挙げられると思います。
 
 
しかし、いずれも考え方や対策によって、
筋トレをやめなくても済むと私は考えます。
 
 

筋トレを中断、またはやめたとき、筋肉に起こる変化とは?

一言で言うと、筋肉は元に戻ります。
 
 
元に戻るとはどういうことかというと、
筋トレを始める前の状態に戻る、ということです。
 
 
つまり、痩せていた人は痩せ、太っていた人は太る、ということです。
 
 
これは、体質や筋トレを継続してきた期間にもよりますが、
筋トレを中断すると、次の段階で筋力・筋肉が変化し始めます。
 
 
  1. 2週間〜1ヶ月未満、筋トレを中断
    →筋力が低下し始める。ただし、筋肉量は変化しない。
  2. 1ヶ月以上中断
    →筋肉自体が減少し始める。
 
つまり、 1ヶ月未満の筋トレ中断だと、筋力は落ちるが筋肉量は変わらず、
1ヶ月以上筋トレを中断すると、筋肉量が落ち始める、ということ。
 
 
ただし、半年などの短期間、筋トレを継続してきた人は、
筋肉が落ちるスピードも早く、
長年筋トレを継続してきた人は、筋肉が落ちるスピードも遅いです。
 
 
筋トレをやめると筋肉が脂肪に変わる、よくと言われますが、
筋肉が脂肪に変わることなんて、ありえません。
 
 
ではなぜ、こんなことが言われるのかというと、
 
 
筋トレしているときに、筋肉のために摂取していたエネルギー(栄養)が、
筋肉にいかず、脂肪にいき始めるからです。
 
 
つまり、筋肉が減り、それとともに脂肪が増える。
このことから「筋肉が脂肪に変わる」と間違った意味で
いわれるようになったんだと思います。
 
 

筋トレをやめたり、中断したあとに、筋トレを再開すると筋肉は・・・

筋トレを再開すると、筋肉・筋力ともに増え始めます。
まぁ、筋トレですから、当たり前のことなんですが。(笑)
 
 
そして、次のことがいえます。
 
 
筋トレを長年継続してきた人は、
筋トレを再開すると、鍛えていたときの筋肉量に戻るのも早い、ということです。
 
 
これが、いわゆるマッスルメモリーといわれるものです。
筋肉が、鍛えていた状態を覚えているんですね。
筋トレを再開することで、筋肉を元の状態に早く戻そう!と体が反応するわけです。
 
 
また、1ヶ月程度の筋トレ中断であれば、ちゃんと超回復もするのです。
そのため、あえて1ヶ月の筋トレ休暇を入れて、リフレッシュする人もいるのです。
 
 

筋トレをやめることで、あなたが失う大切なもの。

筋トレをこの先ずっとやめてしまうと、次のものが失われます。
 
 
  • 筋トレに費やした時間
  • 筋トレに費やしたお金
  • 筋トレに費やした努力
 
 
これらが全て失われます。
これらを取り戻すことはできません。
 
 
逆に筋トレを継続することで、得られるものは、
 
 
  • 筋肉、筋力、体型
  • 忍耐力
  • 持久力
  • 向上心、モチベーション
  • 健康
  • 積極性、ポジティブ
  • 達成感
 
 
などがあります。
これらは、持っているだけで日常生活にもプラスになるものばかりです。
 
 
もし、あなたが筋トレをやめてしまうと、
これらを取り戻すのにも時間がかかるかもしれません。
 
 
物理的(不可抗力)で筋トレが出来ないときもあると思います。
でも、対策はあるはずです。
 
 
  • 怪我や病気になって継続できない。
    →回復してから筋トレを再開しても問題ない。
    療養中でも可能な筋トレはある。
  • 仕事が多忙
    →一時的に筋トレを休養にしても問題ない。
    また、自宅で自重不可筋トレを行うだけでも、筋肉は落ちにくくなる。
  • 経済的負担
    →お金のかからない自宅で、筋トレを行えば筋肉を維持できる。
    市町村のスポーツ施設であれば、格安で筋トレできる。
  • 加齢による体への負担
    →スロートレーニングを取り入れれば、怪我もなく、
    筋肉を発達させることができる。
    軽い筋トレを行うことでも、将来的に歳を取っても自足で歩くことが可能。
 
 
このように、筋トレを継続するための考え方や対策はあるのです。


それでも、もし、筋トレを中断せざるをえない状況になった場合、
次のサプリメントが、あなたの筋トレライフの良い手助けになると思います。



なぜかというと、このサプリメントは、
筋肉の分解を防いでくれる、とても重要な役割を持っているからです。


私もこのサプリメントで、しばらく筋トレを休んでしまっても、
再開したときに、以前と同等か、それ以上の筋トレ効果を感じたからです。


筋トレをしばらく中断する必要がある場合、
試してみることで、安心を実感できると思います。^^

私が実際に試した効果を次のレポートで報告しています。
良ければ参考にしてください。 


★ビルドマッスルHMBの購入レポートはこちら
★ビルドマッスルHMB効果検証(3週間目)レポートはこちら 
★ビルドマッスルHMB効果検証(8週間後)レポートはこちら 
 
 

 
 

まとめ

筋トレをやめることで、失うものって大きいと思いませんか?
せっかく頑張って続けてきたのに、元に戻ってしまうんです。
 
 
それに、いくら何歳になっても筋肉はつけられるとはいっても、
20歳と50歳では、筋肉が発達するスピードは大きく違います。
 
 
若いときにしか出来ないことって、いっぱいあるわけです。
 
 
しかも、今のあなたにとって、今が一番若いときです。
 
 
今の自分のためにも、将来の自分のためにも、
筋トレを続けることによるメリットって大きいと思います。
 
 
もっとも、私もそうなんですが、
ある程度筋トレを継続していれば、
やめようなんて思わないと思いますが。^^



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ