痛風の人にとっては避けたいホエイプロテイン。筋トレ目的で効率よくうまく使い分ければ大丈夫かも!?

プロテイン

筋トレを頑張っている人や、ボディビルダーが欠かさず摂っているのがホエイプロテイン。
 
味も良いし、効果が高いので人気がありますが、痛風持ちにとってはちょっと遠慮したいサプリメント。
 
理由はプロテイン自体がプリン体を多く含むタンパク質の固まりで、それが腎臓の負担になり、痛風の原因である尿酸値を上昇させてしまうから。
 
まぁ、痛風でない人でもそれくらいは知ってますよね。
でも果たして、そんなに気にしなければならないものなのか?を考えてみました。
 
 
プロテインにはホエイの他に、ガゼインプロテイン、ソイプロテイン、エッグプロテインがありますが、トータルバランスからホエイプロテインが一番人気があります。
 
比較的安価で味が良いので、私もガブガブ飲んでました。(^^ゞ
通常は水に溶かして飲むんですが、牛乳で飲むとうまいんですよねぇ(笑)
 
ホエイプロテインのホエイは乳性タンパクのことです。
ヨーグルトの上に溜まる液体があるじゃないですか。
あの液体にホエイが豊富に含まれています。
 
元となるのは牛乳で、その80%がチーズとして固まるガゼインです。
残りの20%が固まらないタンパク質のホエイです。
 
そのホエイプロテインの特徴ですが、他のプロテインに比べて吸収時間が早くて飲みやすく、栄養価が高くて比較的安価であることが挙げられます。
 
  • 必須アミノ酸(9種類)を全て含む
  • 吸収が他のプロテインよりも早い(1〜2時間。アミノ酸やペプチドほどではない)
  • BCAAを多く含んでいる
  • 味が良い(というか、製造工程での味付けがしやすい)
  • 持続効果が短い
  • グルタミンやアルギニンが少ない
  • 乳糖を含むため、牛乳で下痢をする人には不向き
  • 摂りすぎると脂肪になる
  • 比較的安価である
 
必須アミノ酸を含んでいて吸収が早いというのは、筋トレにはメリットが大きいですね。
 
でも私は安価なことと、何よりもうまいのでよく飲んでました。(笑)
安価でかつ味が良いというのは、選ばれやすい条件ですよね。
 

ホエイプロテインの効能と痛風への影響

 
効果はやっぱり筋肉への影響が大きいということですかね。
BCAAが多いので、筋回復も早いと思います。
ただし、持続時間が短いので、飲み方に工夫がいると思います。
 
主な効能としては次のとおり。
 
  • 筋肉増強
  • 抗酸化作用
  • 免疫力向上
  • アルツハイマー予防
  • 大腸がん予防
  • ダイエット効果
  • 睡眠改善
 
こう見ると、体力や健康の全体的な強化に適したサプリメントといえますね。
ただ、リカバリーとしてはグルタミンやアルギニンが少ないのが惜しいところ。
そのあたりは、グルタミン、アルギニンのサプリメントを別で補うことで問題ないですね。
 
ただし、腎機能や肝機能が弱い人にはおすすめできない、とよくうたわれています。
タンパク質の固まりなので、痛風持ちからすればやはりそのあたりは気になるところです。
 
ホエイプロテインは比較的吸収が早いです。
筋肉に速やかに届けるために、筋トレの1時間前の摂取と筋トレ直後の摂取が有効とされています。
 
そのため、ホエイプロテインはあくまでも筋肉増強のために筋トレ時のみに摂取する、と摂取量の制限を設けます。
週3回の筋トレの人であれば、3回の筋トレ前後のみに摂取する、というふうにです。
筋トレがオフの日にもサプリメントで補いたいのであれば、他のアミノ酸やペプチドで補えば良いと思います。
 
上記程度の摂取量であれば、それほど痛風に影響はないのでは?と考えます。
私自身、過去にホエイプロテインをガブガブ飲んでましたが、尿酸値への影響はほぼありませんでした。つまり食事(この場合プロテインも)によるプリン体摂取は、尿酸値にはそれほど影響がないということです。
※詳しくは「プリン体って一体なにもの?」を参照してください。
 
どちらかというと、プロテインを大量に摂って脂肪が増えてしまったり、筋トレの内容(エネルギーとして使われるATPがADPになり、そのあとADPに含まれるプリン体が尿酸に変化するような筋トレ)で尿酸値が増えてしまうことのほうがリスクが高いと考えます。
※詳しくは「乳酸と尿酸と無酸素運動の関係」を参照してください。
 

摂取方法とタイミング

 
ホエイプロテインは吸収が早い。といってもアミノ酸やアミノペプチドほど早くはないので、筋トレの1〜2時間前に飲みます。すると良いパフォーマンスが期待できます。
あとは筋トレ直後での摂取でしょうか。いわゆるゴールデンタイムといわれるタイミングです。ホエイに含まれるBCAAにより筋回復を促します。
 
そして飲み方ですが、吸収を早めたいのであれば水で、穏やかに吸収させたいのであれば牛乳で飲むと良いと思います。
 

吸収に優れるペプチドを含有した最高級ホエイプロテインはこちら

 
 痛風の人はそれでも気になるという方がいると思います。
その場合、1度ホエイプロテインを1〜2ヶ月試してみて、尿酸値を確認してみてください。
それで尿酸値の上昇が見られなければ、しばらく試してみても良いのではないでしょうか。
もし、尿酸値が上昇していれば、しばらくホエイプロテインの使用をやめます。
 
結局は自分に合っているかどうかは人によります。
健康な人でもホエイプロテインで調子を落としたり、効果がなかったりする人もいます。
痛風の人でもホエイプロテインで健康を維持して、結果を出している人もいます。
 
最近まで、尿酸値が気になるからビールを控えて焼酎にしてたけど、結局意味がないってわかったのと同じです。(^^)
要は頻度と量です。
うまくサプリメントを活用して、筋トレして健康を維持していきましょう!


※サプリメントについては「痛風基準で筋トレのサプリメントを考えた場合、何を優先すべきか?」も参照してください。



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ