金剛筋シャツはこれまでにないシェイプアップ加圧シャツ。このクオリティをあなたも体験できる。

筋肉

着るだけで痩せたり筋肉がつくという噂の金剛筋シャツ。あなたもご存知ではないでしょうか。


この金剛筋シャツ、今ではかなり認知度が高くなっています。その理由は、売り上げが多いからなんですね。発売から半年で10万着(!)を売り上げたのはすごい。これだけの売り上げ実績があるのは、それだけ金剛筋シャツの効果を実感した人が多いということがいえます。効果がなければ、そこまで売れることはありません。


これは金剛筋シャツを購入した人が、その良さを実感して効果を認めているという証拠です。商品の本当の良さは購入者がジャッジするものですからね。販売者やその筋の専門家がどれだけ良いものだといっても、最終的には購入者が満足しなければ意味がありません。


金剛筋シャツは、運動や筋トレをする時間がなかなか確保できない30代〜40代の人のために、なんとか体型を改善するための商品は作れないか、という製造メーカーの発想から作られています。その製造メーカーの想いが、見事に購買客の心を掴んだということです。

金剛筋シャツ


金剛筋シャツに効果はあるのか


ここで、その効果を判断するのに、ちょっと衝撃的な動画を御覧ください。これは金剛筋シャツを購入した人の実践動画です。



効果に個人差はありますが、この方の場合は金剛筋シャツを約2ヶ月間、毎日着用した結果、見事に体型が変わっていますね。毎日の変化が見られるため、とてもわかりやすいです。しかもこの方は、食事制限をほとんどせず、わずか5分の筋トレを併用しているだけでここまで変化しています。


ただし、誰でもこの方と同じように体型が変わるわけではありません。この方の場合は、金剛筋シャツを毎日24時間着用しての結果です。着用時間だけでなく、体型・食事内容・運動内容・金剛筋シャツのサイズによって個人差はあります。


ただそれでも、効果を目でみて確認できる動画の体験談を見ると、説得力があります。ここで重要なのは、この方は24時間着用ではあるけど「ほぼ着用しているだけで、5分の筋トレ以外には他に何もしていない」ということです。このような効果を示した動画や、売り上げ枚数実績をみるだけでもいかに期待できるかがうかがえます。


金剛筋シャツはなぜ効果があるといわれているのか


金剛筋シャツを始め、加圧シャツにはなぜ効果があると言われているのか。


加圧というのは圧力が加わるということはわかると思います。たとえば、深海のような場所は水圧が高い。潜水艦には耐圧性がありますが、もし耐圧対策がされていない状態で深海へ潜ると、高い水圧によって確実にベコベコに凹むか、凹みすぎて潜水艦が破壊されてしまいます。

(その反対で、気圧の低い高山に登るとお菓子の袋が膨らんでしまうのは聞いたことがありますよね。気圧が低いと物の中心に向かって抑える力が弱くなるため膨張してしまうんです。)


加圧シャツは、深海に潜ったときのような圧力を利用しているんですね。(あくまでもイメージです。)


では加圧のような締め付けが体に加わると、なぜ痩せやすくなるのか。


極端な例えになりますが、悟空やクリリンが亀仙人のもとで修業するとき、彼らは重い甲羅を背負ってトレーニングしていたのを覚えているでしょうか。あれは圧力ではなく重力(重量)ですが、重量によって普段よりも体を動かす動作が難しくなります。でもその動きにくい動作がトレーニングになるのです。加圧シャツの場合は重量ではなく、圧力で動きにくい状態にしていることになります。


動きにくい状態にすることで体がトレーニングしている。

加圧

もちろん、筋トレのような高負荷なトレーニングではないですが、弱い負荷をかけて普段の動きにいつも以上に力が必要になる状態にしているということですね。加えて、着圧による締め付けには矯正的な力も働きます。人の体というのは実はとても賢いのです。その状態・環境に適応しようとします。加圧シャツの場合は、人の体が締め付けられている状態に適応しようとするわけです。


つまり、体が加圧シャツの形に近づくようなイメージですね。


少し話が逸れますが、以前私の父が加圧効果のある腹巻をしばらく使っていたら、見事に腹がへっこんだのでちょっと驚いたことを覚えています。今のような加圧シャツがないときでしたが、父の腹が腹巻の圧力に対応した結果といえるでしょう。


金剛筋シャツは、体に対する加圧力が他の製品に比べて高いです。その特徴や品質は後述しますが、加圧力が高いということは矯正力も高い。矯正力は加圧力に比例します。だから、出ているお腹も引っ込みやすいといえるわけです。


普段よりも力が必要な動きにすることで筋肉の発達が促されて、締め付けによって腹が凹みやすくなる、ということがいえます。


金剛筋シャツをおすすめしたい人


どんな人に金剛筋シャツをおすすめできるかというと、次の3つに分かれます。

金剛筋シャツをおすすめしたい人
  1. 肥満やメタボに悩んでいて体型をしたい(特に30代以上の人)
  2. デスクワークのため、運動不足解消や健康増進したい
  3. 筋トレの効果を高めたい

肥満で悩んでいる人の多くは、運動や筋トレをする時間や気力がなかったり、どうしても食事量や間食回数が多くなってしまうため、ほとんどは何もせずに痩せる効果を期待できる金剛筋シャツは魅力的な商品のひとつになります。


ここで疑問に思うかもしれませんが、食事量が多かったり間食があっても効果を期待できるのか?ということ。


これについては「期待できる」といえます。なぜなら、金剛筋シャツの締め付け効果によって腹部を圧迫するため、自然と食事量を減らせるからなんですね。ただしこれは、食事の間も金剛筋シャツを着ることが条件になります。金剛筋シャツを着ていれば腹部を押さえられるため、その状態で大量のご飯を食べるのは難しいですから。


加えて、金剛筋シャツの着圧で、日常生活の動きによるエネルギー消費が期待できるため、さらに効果が望めるということになります。ということは痩せるための条件である「消費エネルギー>摂取エネルギー」の公式が当てはまることになるわけです。
前述した動画の方がその良い例といえます。


金剛筋シャツはどんなに太っている人でも痩せる効果がある?


どんなに太っている人でも効果があるのか?


このことは一概にはいえません。それは金剛筋シャツの着用時間、着用タイミング、運動や筋トレを併用しているかなども影響しますし、金剛筋シャツのサイズはMとLの2種類しかないため、すべての人に同じ効果があると考えるのは難しいのです。そもそも金剛筋シャツを着用すること自体が苦しいと感じて着るのをやめてしまうかもしれません。


しかし、程度の差こそあれ、金剛筋シャツを着用することによる着圧感は確実にあるので、試してみて効果を検証する価値はありますね。効果を実感できなければ、着用状態で運動をするとか、着用方法を変えたりすることで効果を実感できるかもしれません。


どんなに口コミで良い評価がされていても、自分に合うかどうかは試してみないとわからないのです。


ここで、自分の体に適正なサイズ選びを記載しておきます。サイズはMとLの2サイズしかないため、選び間違えることは少ないと思います。もしサイズの中間に該当してどっちを選べばよいかわからない場合は、Mサイズを選んだほうが良いですね。


金剛筋シャツのサイズ

金剛筋シャツは姿勢を矯正してくれる


デスクワークなどで普段からあまり体を使わない人にとっては、金剛筋シャツによるエネルギー消費は運動不足解消や健康増進にもつながります。また、金剛筋シャツには姿勢を正す矯正力もあるので、猫背気味の人やデスクワークの人にはそれだけでも有効な商品といえるでしょう。


金剛筋シャツを着てみるとわかりますが、配合されているスパンデックスの効果により正しい姿勢を保つ形で生成されているため、正しい姿勢にならざるを得ないんです。デスクワークなど、ずっと座りっぱなしの人はどうしても猫背になりやすいですが、それを矯正してくれるので、肩や腰や目の疲れにも有効と言われているんです。


姿勢が悪い人が金剛筋シャツを着ると、その矯正力にちょっとびっくりするかもしれません。


筋トレにも補助的な効果がある


おすすめしたい人の3つ目は、筋トレをしている人です。これは筋トレ中に金剛筋シャツを着用することが条件になりますが、加圧シャツによる筋トレの効果は、実はかなり有効ということがわかっています。


着圧による筋肉の成長を促すことに加えて、筋トレによって筋肉を鍛えることでダブルの効果が期待できるからです。


また、加圧シャツ全般にいえることですが、筋トレによる疲労によって増える乳酸の生成を抑えることがわかっています。乳酸の生成が少ないというのは、疲労が蓄積しにくい状態であるということです。


筋トレ自体は、意外に無駄な動作によるエネルギー消費があったりするのですが、加圧シャツの着圧によって無駄な動作をせずに、正しい動き・正しいフォームで筋トレ動作を行えるということがわかっています。

姿勢矯正

これはつまり、体や筋肉が筋トレの動作に注力できている状態になる、ということになりますね。そのため、ターゲットとなる部位への筋肉への負荷刺激を与えやすくなるというわけです。そうなると、金剛筋シャツは筋トレしている人にもっとも適しているのかもしれません。
そのため、筋トレする人にとっては、これまでにないジム用ウェアということがいえるでしょう。


金剛筋シャツをあまりおすすめできない人とは


おすすめできないというか、あまり目的の効果を期待できないかもしれない人は次のような人です。


  • 一般的に痩せているが、さらに痩せようと考えている人
  • 着ているだけで、ボディビルダーのようなマッチョになれると考えている人


痩せている人がさらに痩せようとするのは、加圧シャツの締め付け効果が100%発揮できない可能性があります。前述したとおり、金剛筋シャツはMとLの2サイズしかないため、もともと痩せている人がMサイズを選んでも着圧感は太っている人に比べて弱いからです。


ただし、姿勢を矯正したいとか、健康目的であったり筋トレの補助に利用する場合は、有効に機能してくれます。


もう一つの「着ているだけでマッチョになれる」と考えている場合。「加圧シャツは加圧トレーニングと同じようなものだから筋肉がつく」と思っている人がいますが、加圧トレーニングと加圧シャツは似て非なるものです。


加圧トレーニングは、静脈を締め付けることで筋疲労を促します。結果、血中の乳酸濃度が高まるため疲労するのです。加圧トレーニングは、簡単にいえば筋疲労の度合いを高めて短時間に筋肉を増強しようとするトレーニングのこと。


加圧シャツは、無駄な動きや消費エネルギーを抑制して疲労を軽減し、結果的に血中の乳酸濃度を下げる働きがあります。似ているようでちょっと違うわけです。


そのため、金剛筋シャツを着ているだけでムキムキマッチョになることはないということがいえます。ただし、着圧によって動作が重くなるため筋肉への刺激はあるし、脂肪が落ちていくことで筋肉が見えやすくなるから、マッチョとまではいかなくても見た目的には筋肉質に近づくということになりますね。


加えて、金剛筋シャツを着て筋トレをすれば、無駄な動きをせずに筋肉を鍛えられるから、筋肉増強により効果的になるといえます。


特徴と品質は?


金剛筋シャツのような加圧シャツは他にもいろいろありますが、他の製品と違う点をまとめてみます。


  • 加圧力(着圧感)が他の製品よりも高いため、着用することで脂肪を落としやすくし、姿勢を矯正し、筋トレの効果を高めることができる。
  • 着圧により腹部を圧迫するため、食事量が減り、適度な減量に向いている。
  • 他社製品のスパンデックス配合割合は5%〜18%だが、金剛筋シャツは20%のため業界ではかなりの配合割合になる。(何度も出てくるスパンデックスとはポリウレタンのことで、耐久性弾性線維といわれるもの。)
  • スパンデックス


  • 次の動画を見てもわかるとおり、その弾性力はかなりのもの。極端にいえばサイヤ人の戦闘服に似ているかも?
  • 伸縮性


  • 他社製品よりも丈が長いため、腹がかなり出ていても腹部全体を覆うことだできる。このため、腹部への着圧も問題ない。

  • ISO認証を受けた工場で、イタリア製の機械で縫製されているため、クオリティは高い。
  • イタリア製の機械


このような感じでしょうか。


デメリットとメリット


いろいろと金剛筋シャツのことを書いてきましたが、デメリットとメリットを考えてみます。
まずはデメリットから。


おすすめできない人のところで書いたように、痩せている人がさらに痩せる目的での使用には向いていないということです。太っている人に比べて金剛筋シャツの加圧力が発揮できないためですね。ただし、姿勢矯正や健康増進目的には適しているといえます。


あとは、着ているだけでマッチョになったり、バキバキの腹筋になることはないということ。これはデメリットというよりは、それを期待する商品ではないということです。つまり、金剛筋シャツ=筋トレの代用ではない、ということです。


繰り返しますが、金剛筋シャツなどの加圧シャツを着ることで筋トレをしたことにはなりません。もし、金剛筋シャツを着るだけで筋トレと同効果があるのであれば、世界中のボディビルダーは筋トレをしなくなりますから。(笑)


他には、金剛筋シャツは加圧力が高い。スパンデックス配合割合が20%というのは業界でもかなり高いほう。これはメリットなんですが、デメリットにもなります。


どういうことかというと、金剛筋シャツはかなりの着圧感があるわけで、肥満率の高い人ほど締め付け感を感じます。つまり、シャツの伸び率が高くなり、長時間着用すると伸びている時間も長くなります。そうなるとシャツ自体の寿命も短くなるわけです。


そういう意味では、スパンデックス配合割合が低いシャツのほうが、締め付け感が弱い分寿命は長くなるといえます。もちろん、製品のクオリティにもよります。


また、締め付け感が強いために、男性に比べて胸のある女性には不向きかもしれません。肥満体験の原因になっている脂肪を締め付けるのは良いのですが、胸(バスト)を締め付けるのはよくありません。そのため、金剛筋シャツは男性向きの商品といえます。もしかすると、女性用の金剛筋シャツも開発されるかもしれませんが。


デメリットまとめ

デメリットをまとめます。

  • 痩せている人がさらに痩せる目的での使用には向いていない。
  • 着ているだけで筋トレしたようなマッチョにはならない。
  • 肥満率の高い人が着用したり、長時間着用すると金剛筋シャツの寿命が短くなる。
  • 胸を締め付けるため、(ここで紹介している金剛筋シャツは)女性向きではない。


メリットまとめ

メリットについては、これまでに記載してきたように次の内容になります。

  • 着用しているだけで適度な減量、食事量減、姿勢矯正が行いやすい。
  • 着用しているだけで運動不足解消や健康増進に向いている。
  • 筋トレを併用することで、筋トレの効果を高めることができる。
  • スパンデックスの配合割合が20%と高めなため、着圧感が高い。
  • 金剛筋シャツは腹部下部まで覆えるほど丈が長いため、腹部への着圧も問題ない。
  • イタリア製の機械で縫製しているため、クオリティが高い。


価格


気になる価格は、1枚4200円+税です。
ただし、6枚までセット購入可能で3枚以上セット購入すると割引価格になります。割引価格は次のとおりです。


●価格:1枚
4200円(税抜き)

●価格:2枚セット
8400円(税抜き)

●価格:3枚セット
12600円→11581円(税抜き)[1019円オフ]

●価格:4枚セット
16800円→15441円(税抜き)[1359円オフ]

●価格:5枚セット
21000円→19102円(税抜き)[1898円オフ]

●価格:6枚セット
25200円→22684円(税抜き)[2516円オフ]

6枚購入だと1枚あたり約420円お得に購入できます。
また送料についてですが、以前は3枚以上購入で送料が無料でしたが、現在は枚数に関わらず800円の送料がかかります。そのため、後で購入する予定があるのであれば、最初から複数枚を購入したほうが送料分お得になります。


でも、もし合わなかったらもったいないと考える人もいると思います。その場合は、まずは1枚購入してみることをおすすめします。


金剛金シャツの偽物・類似品を見分ける方法


冒頭でお伝えしたように、金剛筋シャツは効果を実感している人が多く、半年で10万着を売り上げているため、認知度が高いです。売れていて認知度が高いということは、当然同じような類似商品が出回り始めます。


いわゆる偽物やなんちゃって商品というやつです。「金剛筋シャツ」ではなく「金剛シャツ」とかありますね。なんだかちょっとフフってなります。


類似商品が出てくるというのは、それだけ人気がある証拠なのである意味名誉なことだと思うのですが、それでもメーカー側や本物を購入したい消費者側からすれば、あまり気分の良いものではありません。


類似商品はよく確認すれば見分けがつきます。それでもほとんどわからない場合が多いため、気をつけないと間違ったものを購入してしまいます。最近ではアマゾンや楽天でも正規品を取り扱ってきていますが、やはり類似品や偽物は多いです。


では本物を購入するためにはどうすれば良いのかというと、一番安心できるのは公式サイトで購入することです。公式サイトであれば偽物を買う心配もなく、返品したい場合も問題なく対応してくれます。


■公式サイト 金剛筋シャツ


アマゾンなどで購入する場合


アマゾンなどで正規品を購入したい場合は、一つだけチェックすれば問題ありません。何をチェックすれば良いのかというと、販売者の身元を確認すれば良いのです。


金剛筋シャツに限らず商品をネット販売するためには、販売社・広告主が身元を提示する義務があります。法人・個人に関わらず、販売業者・責任者・住所・連絡先を公式サイト内に表示、またはその情報ページへのリンクを貼らなければならなりません。


基本的には公式サイトの一番下に「特定商取引法に基づく表記」というリンクが貼られていて、そのリンク先を見ると販売社の情報が確認できるようになっています。(下図)一度、公式サイトで確認することをおすすめします。

特定商取引法に基づく表記

■公式サイト 金剛筋シャツ


現状、金剛筋シャツの販売者情報は次の内容です。


金剛筋シャツの販売者情報
店舗名 メンズキング
販売業者名 株式会社GLANd
代表者名 菅 勇

住所と連絡先は変わる可能性があるので、ここではあえて記載していません。
公式サイトの特定商取引法に基づく表記には記載されています。

また株式会社GLANdに関するサイトはこちら。

・株式会社GLANd
・企業情報


基本的には公式サイトでの販売者情報と、アマゾンなどで記載されている販売者情報が同じであれば、問題ないということです。ただし、代理店を通じて販売している場合もあります。その場合でも製造元は記載されているはずですから、そこをチェックしてみましょう。


アマゾンでは「金剛筋ショップ」という店名で販売されています。(下図)正規販売店です。この「金剛筋ショップ」をクリックすると、「特定商取引法に基づく表記」が記載されているページが表示されます。

金剛筋ショップ


逆に「特定商取引法に基づく表記」での身元確認ができなかったり、販売者情報が公式サイトと異なったり、販売者情報自体がない場合は怪しいと思って間違いありません。


偽物や類似品をつかまされないためにも、公式サイト以外で購入する場合は必ず「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。


また、価格を公式サイトとアマゾン、楽天の正規品で確認しました。楽天は公式サイトよりも少し高めで、アマゾンはほぼ同じ価格帯でした。あとはアフターケアを考えてどこで購入するかを決めれば良いと思います。そう考えると、公式サイトで購入するのが一番安心かもしれません。


使用方法・洗濯方法

■使用方法

基本的な使用方法としては、着用している時間に比例してその効果が現れるということから、24時間着用も可能となっています。でも、最初からいきなり1日中着るというのは人によってはちょっと苦しいかもしれません。


もちろん、1日中着ていても問題ないようれあれば、24時間着用でも構わないと思います。ここでお伝えしたいのは、効果の話というよりは体調に合わせて着用するのが望ましいということです。


金剛筋シャツは加圧シャツの中でも加圧力が高いため、肥満体型の人がいきなり24時間着用するのは苦しいかもしれません。通常のシャツよりもフィットしているため発汗もあると思いますし、人によってはしびれがあるかもしれません。


だから最初は数時間、半日とかで慣らしていく着用をおすすめします。なんでもそうですが、「いきなり」「長時間」というのは体に負担をかけすぎるのです。そうなると、金剛筋シャツの着用をやめてしまう可能性もあります。


たとえば、「筋トレを始めよう!」とモチベーションが高まっている状態で毎日ジム通いをし始めた人って、ほとんどと言っていいほど途中でジムへ行かなくなります。これは肉体的な原因以上に精神的な部分が大きいはずです。これと同じことが起こってしまうかもしれないので、最初からいきなり24時間着用というのはあまりおすすめしません。


加えて金剛筋シャツは消耗品ですから、着用時間が長ければ長いほど商品寿命に影響します。


そのため、肥満体型を解消する目的としての使用方法は、最初から24時間着用ではなく、数時間ずつ着用時間を増やしていく方法をおすすめします。


肥満体型を解消するための一般的な着用方法はこんな感じですが、本サイトでは筋トレの補助としての着用効果を視野にいれているため、後日、筋トレでの着用レビューをお届けします。


■洗濯方法

洗濯方法ですが、説明書には手洗いが基本で、柔軟剤は使用不可とあります。そのため、洗濯機は使えません。手洗いを推奨する理由は、洗濯機だと生地が傷みやすく、柔軟剤を使用すると生地が柔らかくなってしまい加圧力が弱まるからです。


とはいうものの、今の洗濯機にはデリケートな衣類を洗えるコットンモードなどがあるため、金剛筋シャツを裏返して厚めのネットにいれて、コットンモードで洗えばそれほど気になりません。加圧力をできるだけ維持するために柔軟剤は不要ですし、防臭加工されているため臭いも気にならないでしょう。


これで金剛金シャツの基本的な内容はお伝えしました。後日、実際に金剛金シャツを着用しての筋トレレビュー記事を公開します。レビューでは、痩せる効果の検証というよりは、金剛筋シャツを着用することでどれだけ筋トレの効果が変わるのか、と検証していきます。お楽しみに!


金剛筋シャツ

>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ