脂肪を落とす有酸素運動は20分以上必要?

有酸素運動

内臓脂肪を減らすには有酸素運動が有効と言われています。
 
尿酸値を減らす観点でも、また他の生活習慣病にとっても、脂肪を減らすことは効果が大きいですね。
 
ところでその有酸素運動ですが「15分から20分以上やらないと脂肪は燃えない」ということをよく耳にします。
 
果たして本当に20分以上必要なのか?
 
20分という時間は、どんな根拠に基づいているのか?
 
 
運動の開始直後はまず「糖」が使われて、その後に「脂肪」が使われる、
という認識の人が多いと思いますが、厳密には少しニュアンスが違うようです。
 
実は糖も脂肪も両方同時に使われます。
 
ポイントはその割合。
 
運動の開始直後は、糖と脂肪の使われる割合が7:3か、6:4くらいで、使われるエネルギーとしては糖のほうがちょっと多い。そして20分経過するころにその割合が同等か、脂肪のほうが多くなる。
 
つまり、脂肪が使われやすくなってくるのが20分ということ。
 
言い換えると、20分経たないと脂肪が燃えないという意味ではない、ということですね。
 
 
では、20分以内の有酸素運動で減量効果があるのかというと効果はあります
 
食事などで体内に入ってきた糖は、基本的にグリコーゲンとして筋肉や肝臓に貯蔵されますが、その許容量は多くありません。糖がグリコーゲンとして貯蔵される量を超えると、超えた分は脂肪に変わります。
 
しかし、20分以内でも運動を始めると糖が優先的に使われるため、グリコーゲンの貯蔵量が減り、糖はグリコーゲンとして貯めやすくなり、脂肪に変わりにくくなります。
 
こんな感じですね。
 
運動開始
グリコーゲンの貯蔵タンクにある糖が優先的に使われ始める
グリコーゲンの貯蔵量が減る
食事などで入ってきた糖は脂肪にならずにグリコーゲン貯蔵タンクに入る
 
 
そういえば、筋トレ仲間の人が
「5分でも良いから、筋トレした後は有酸素をやったほうがいい」
と言っていたのを思い出しました。
 
数分の有酸素運動でも、糖が脂肪に変わるのを抑えてくれるからなんですね。
 
 
また、運動中ほどではないですが、運動後しばらくの間もエネルギーは消費されているのです
そのため、1日に連続して20分の運動を1回するよりも、複数回に分けて1日合計20分になるように運動をするほうが、総エネルギー消費量が大きいということになります。
 
まとめると、
 
・20分以内の運動でも脂肪は燃焼される
・1日合計20分の運動でも回数を分けるほうが消費量が大きい
 
ということになりますね。もちろん、20分以上の運動は非常に有益です。
20分以内の運動でも効果があるということですね。
 
余談ですが、長時間有酸素運動をしていると、20分経ったころに脂肪の多い部分が熱くなってくる感じがあります。
あれは脂肪が「燃焼されているんだなー」てな感覚がして、ちょっと嬉しい気分になります(笑)



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ