なかなか発達しない苦手な部位を、効率良く鍛えるあるたった一つのこととは

効果

誰でも、なかなか発達してくれない苦手な部位があるかと思います。
腹筋が割れない、上腕二頭筋がボコッとならない、カーフが発達しない、などなど。


そんな時、どうしますか?


多くの人が、トレーニングが足らないと考え、
ひたすら苦手な部位のトレーニングを強化するんじゃないでしょうか。


これは間違った考えではありません。
私も同じように考えますから。


ただし、トレーニング内容を強化するとはいっても色々あります。
ただがむしゃらにトレーニングの負荷を高めるだけが強化ではないのです。


今回はそこに焦点を当ててみようと思います。



発達しやすい部位は刺激に慣れていない筋肉、では発達しにくい部位は?

人によるかもしれませんが、発達しやすい部位は大胸筋ではないでしょうか。


私が筋トレを初めてやりだした最初の頃、まず大胸筋が刺激に反応しましたね。
反応、つまり筋肉が発達し始めたんですね。


当然ですが、筋トレを始めた最初の頃から重い重量なんて扱えません。
片方5kgのダンベルで鍛え始めたんです。
しかし、両方で10kgという軽重量で、大胸筋が刺激に反応したんです。


今思えば、こんな軽重量でも筋肉は反応するんだな、と感じました。
ではなぜ、軽重量で大胸筋は刺激に反応したんだろう? と考えますよね。


その理由は、大胸筋は筋トレを除いた普段の生活の中で、もっとも使われない筋肉だからです。


考えてみてください。
あなたは、日常生活の中で胸に力を入れながら伸縮する動作って、普段やりますか?
おそらく、ほとんどの人がやらないと思います。


そこで普段使っていない筋肉に対して、筋トレで刺激を与えれば、
筋肉はビックリして刺激に抵抗しようとします。 このため、大胸筋は刺激に反応しやすいといえるのです。


では他の部位ではどうか。
日常生活の中で、 腕は物を掴んで持ち上げたり、引いたりします。
脚は立ち上がったり、かがんだりします。


だから、これらの動作を行う筋肉である上腕筋、前腕筋、大腿四頭筋やカーフは
逆に刺激に慣れているため、もともと力があるのです。
そのため、発達しにくい部位に感じている人も多いのではないでしょうか。


もちろん、発達しにくい部位は人によりますし、個人差があります。
一概には言えないところもあるでしょう。


でも、刺激に慣れていない部位は負荷に反応しやすく、
刺激に慣れている部位は負荷に反応しにくいということを、
あなたが筋力トレーニーであれば、なんとなく感じていると思います。


どんなトレーニング内容の強化が良いのか

発達しにくい部位がわかっていて、その部位を大きくしたいのに、 今と変わらないトレーニングを続けることが、一番やってはいけないことです。


私はかつてはそうでした。
このまま今のトレーニングを続ければ、そのうち変わるだろう、と。


でも、そんなことはありません。
今までやっている内容で変わらないのに、何か突然、魔法のように発達し始めるなんてありえません。


現状のトレーニングを続けてしまう理由として、
おそらく、心のどこかで、新しいトレーニング内容に変えることに抵抗があったんだと思います。


ただし、今のトレーニング内容を続けていたとして、
栄養摂取や休息などを見直すことで、筋肉の発達を促すことは考えられます。


しかし、何年も同じ筋トレメニューを続けていて変わらなければ、
栄養摂取や休息以上に、筋トレの内容を見直す必要があると考えます。


ちなみに私の発達しにくい部位ナンバー1は、カーフです。


カーフが発達しにくい人って、多いと思います。
逆にカーフはほとんど鍛えていないのに、ボコッとしたカーフの持ち主も多いです。


これは先天的要素が大きいので、どうしようもありませんが、
だからと言って何もやらなければ、何も変わらないわけです。


例えば、カーフが発達しにくいからカーフを発達させよう!
と考えるのであれば、次のようなトレーニングが有効です。


  • スタンディングカーフレイズで30レップスできる重量で3セット。

これを、足先を内側に向ける(ハの字)と腓腹筋(カーフ外側)に効き、
足先を外側に向ける(逆ハの字)とヒラメ筋(カーフ内側)に効きやすくなります。


これをそれぞれ3セット、30レップスで、セット間のインターバルは30秒です。
動作スピードは、回数をこなせないスピードでやってみてください。
おそらく焼け付くような感覚があるはずです。
そしてこのメニューを脚のトレーニングの日だけでなく、他の部位のトレ日にも毎回入れるのです。


ここではカーフを例にお伝えしましたが、

発達しにくい部位にやってみたほうが良い内容をまとめると、


  • レップス数を増やす(回数クリアが目標ではなく、効かせることが目標)
  • フォームを変える、複数のフォームでやってみる
  • 動作スピードを変える(回数をこなせないスピードにする)
  • セット間のインターバルを30秒(今までより短く)にする
  • 発達しにくい部位はトレ日には毎回取り入れてみる

こんな感じです。


他にも拮抗筋を同時に鍛える、セット間のインターバルを無しにして重量を連続して下げて行う、なども良いと思います。


余談になりますが、アーノルドシュワルツェネッガーは、カーフが一番発達しにくかったらしく、
そのため、週に6回カーフを鍛えていたそうです。


あれだけのカーフを持っている人でも、
発達しにくかったなんてちょっと驚きです。^^
でもそれは、それだけ相当な努力をしたってことですね。


効率良く鍛えるあるたった一つのこととは

発達しにくい部位を効率良く鍛えるには、
自分で色々と試してみる必要があります。


自分で試してみる必要があるんですが、
試行錯誤していると、時間がかかってしまうこともあります。


では、どうするのかというと、、、


それは「人に聞くこと」です。


と言っても、いろんな人に聞いている暇もないと思います。
では、どんな人に聞けば良いのかというと、


自分と同じ部位があまり発達していないベテランに聞く


ということです。


どういうことかというと、
例えば、あなたがカーフが発達しにくいと感じていたら、
カーフがあまり発達していないベテランに聞く、ということです。


するとあなたは、

「自分と同じ部位が発達していない人に聞いて役に立つの?」

と思うかもしれません。


でも、役に立つのです。
そのベテランは、おそらく色々なトレーニングを取り入れて試しているはずです。
そして色々な苦労をしてきているはずです。


そのベテランが経験した方法の中に、あなたに合うやり方があるかもしれません。


その方法を知ったとしても、もちろん一長一短では効果は出ないと思いますが、
それでも先に苦労した人の経験は、あなたにとっては有効なのです。


これは、筋トレだけに限りません。仕事でも、他のスポーツでも同じです。

やってみなければわからないし、ベテランに聞いて損なことはありません。


ぜひ一度、そんなベテランを見つけて聞いてみましょう。
聞かれたベテランは、喜んで教えてくれると思いますよ。^^


まとめ

今回は、なかなか発達しにくい部位を鍛える方法をお伝えしました。


発達しにくい部位は、鍛えるのに苦労します。
何か魔法のようなトレーニングで、突然発達することはありません。
苦労して、努力するしかないんです。


でも、それを最短で最小限に抑えるのが、ベテランという先駆者に聞くことなんですね。
おそらくこれは、間違いありません。


もし、同じジムにそのようなベテランがいなければ、
お金を使ってプロの筋力トレーナーについてもらう、という方法もあります。


ちょっと出費しなければなりませんが、それなりの結果は期待できると思います。


そして、発達しにくい部位はない!と言えるくらいに、
デカくなれるよう頑張りましょう!^^

ガッツン

発達しにくい部位のトレーニングって、面倒くさいよなぁ。
でもやらないと、間違いなく発達しないから、 少しずつでも頑張るぞ。



>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ