ジムが空いている時間帯は?

有酸素運動


ジムは混んでる時間帯と空いている時間帯があります。まだジムへ行ったことがない方やこれからジムへ行こうと考えている方が、自分に適した時間帯を考えたり、ジム選びをするときの参考になれば嬉しいです。ただし、必ずしもここに記述した内容の通りとは限りません。参考程度にお願いします。


Sponsored Links


どこのジムもだいたい混んでいる時間帯は同じ

長年ジムへ脚を運んできましたが、どこのジムもだいたい空いている時間帯と混んでいる時間帯が決まっています。これは個人ジム、民間スポーツクラブ、公共スポーツセンターに関わらず、どれもある程度同じではないかと思います。

 

会員の多くがサラリーマンやOLのため、夜や週末にジムへ行く人が多い傾向にあると思いますが、最近は定年を迎えた方が健康増進のために積極的にジム通いしています。私自身が感じた内容を次に記述します。

週の曜日で混んでいるのは日曜日

日曜が混んでいるのは、だいたいどこのジムも同じではないでしょうか。普段、仕事でなかなか平日にジムへ行けないサラリーマンが、せめて日曜だけでもと考えている人は多いと思います。

 

また、筋トレや有酸素、エアロビを趣味と捉えている人も多いので、ジム通いを消化するというよりは、楽しむために来ている人が日曜には多いと思います。また、日曜は人が多いため、ジム友に会いに来るつもりでジムへ来る人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん一概には言えませんが、曜日別に分けるとこんな感じかと思います。

 
  • 日曜:一番多い
  • 土曜:多い
  • 月曜・金曜:そこそこ多い
  • 火曜・水曜・木曜:普通

※開店から閉店まで一日全体で考えた平均です。

 

土曜は休みの人が多いのでまずまず多いです。
月曜がそこそこ多いのは、週末休みではない業種の定休日に月曜が多いせいかも知れません。
金曜は週末前ということで筋トレを頑張る人が多いように思います。

時間帯で混んでいるのは夜

これはサラリーマンが多いからでしょうね。平日の夜は日曜の昼間よりも多いかもしれません。私の親は定年していてジムへはいつも平日の昼間に通っています。一度だけ夜にジムへ行ったみたいなんですが、人の多さでもう夜は行きたくないと言っていました(笑)。

 

ただし、一概にいつも夜が多いとは言えない場合もあります。日曜の場合は、ジムの営業時間が短いところが多く、週末にしかジムへ来れない人が来るせいか、昼から夕方のほうが多いように思います。

 

混んでいる時間帯で分けると、こんな感じですかね。

 
  • 午前:そこそこ多い(平日、土日関わらず)
  • 午後:少ない(特に13時〜16時が少ない)
  • 夜:一番多い(特に19時〜21時が多い)

※開店10時、閉店23時とした場合です。

 

ただし、ジムによっては週末の営業時間が短いところもあり、その場合、日曜でも夜は少ないことが多いですね。

空いている時間を狙うのであれば平日の午後

空いている時間に行くのであれば、平日の午後(13時〜16時)がおすすめです。でもサラリーマンには難しい時間帯かもしれませんね。

 

平日の昼間はジムなんか行ってられない!という人は、

  • 土曜の午後(13時〜16時)
  • 平日の21時以降

がおすすめかと。土曜の午後は結構空いています。あと、平日も21時を過ぎると空いてきます。21時からだど「閉店までの時間が短い!」と思うかも知れませんが、短時間で終了できるプログラムを組んで取り組めば、結構充実した筋トレができるため、意外とおすすめです。

24時間営業のジムの場合

最近はゴールドジムなど24時間営業をしているジムも増えてきています。この場合、上記の時間帯に加えてもっと空いている時間帯は、夜中の1時〜朝7時です。

 

私も24時間営業のゴールドジムへ行っていた時期に、早朝5時くらいに行って7時にトレーニングを終わらせて会社へ行っていた時期もあります。早朝はほとんど人がいません。居ても1人か2人でしたね。あとはスタッフが1人か2人くらいです。

 

周りの目を気にせずトレーニングしたい人は、超おすすめの時間帯です。ただし、起きたてなのでカラダがあたたまっていないため、挙上重量や挙上回数は落ちるかも知れません。そのため筋トレ前に軽めの有酸素運動はしたほうが良いですね。

混んでいる状況にはメリットもある

混んでいる状況というのは、トレーニングしにくいと思うかも知れません。でも、考え方によってはプラスになります。それは次の理由からです。

  • モチベーションアップに繋がる
  • ジム友との情報交換ができる

モチベーションという意味では、混んでいる状況のほうが遥かに効果があると思います。ジム友に「負けたくない」とか、でかいカラダの人を見て「あんなふうにデカくなりたい」と思えるからです。色々な人を見て刺激になるのは筋トレに非常に有効だと考えます。

 

また、ジム友と会話ができる機会は夜のほうが多いと思います。会話をすることでトレーニング内容の改善のきっかけになったり、良いサプリメントの情報を得られたりするかも知れません。トレーニングの補助をしてもらうこともできますね。

 

それに混んでいる夜の時間帯は、カラダが一番柔軟になっていて、力を発揮しやすい時間帯です。あえて混んでいる夜を狙ってトレーニングするのも、非常に有効かと思います。

 

最後に、混雑状況を曜日・時間帯別に表にまとめてみました。

 

◎:空いてる ○:普通に筋トレできる △:混雑

曜日/時間 10時〜12時 12時〜18時 18時〜23時 深夜〜早朝

※24時間営業

のみ


(特に13〜16時)


(21時以降は○)


(特に13〜16時)


(21時以降は○)


(特に13〜16時)


(21時以降は○)


(特に13〜16時)


(21時以降は○)


(特に13〜16時)


(21時以降は○)


(特に13〜16時)

まとめ

ジムが空いている時間帯というのは、ジムの規模によったり地域によっても変わってきます。全体的には週末よりは平日、夜よりも昼間が空いていることがほとんどです。

 

サラリーマンだけど、どうしても空いている時間帯に通いたいのであれば、24時間営業しているジムに早朝行くことをおすすめします。基本的に自分のやりたい種目がこなせます。私自身も早朝に行っている時期がありました。

 

また、もし気に入っているジムがあるのであれば、そのジムのスタッフに空いている時間や曜日を聞いてみるのもひとつですね。スタッフは一日中ジムにいるので、そのあたりのことは把握しているはずです。あなたの通いやすい時間帯をぜひ見つけてみてください。

>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ