筋トレのモチベーションをアップするにはジムを体験すること | ガッチリ化vol.6

ジム

前回は、ジムの選別編をお伝えしました。
参考:自宅トレが慣れてきたら、もっと筋トレ効果の高いジムを考えよう


候補のジムは見つかりましたか?3つくらいに候補が絞れれば、次は実際に見学や体験に行ってみましょう。


もしかしたら、ちょっと緊張したりするかもしれません。^^ でも、全然大丈夫です。一人で行くのに抵抗があれば、友人を誘って行くのもアリです。ぜひ、行ってみてください。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="7612988381"
data-ad-format="auto">


 

見学や体験で何を得るか

ジムへ見学に行くメリットは、実際にそのジムで自分が筋トレしているような疑似体験を得られることが大きいメリットなのです。


  • どんな設備があるのか
  • どんなサービスがあるのか
  • どんなトレーニングが可能か
  • どんなスタッフがいるのか
  • 他の会員の雰囲気はどんな感じか

少なくとも、これらは見学だけでわかります。そして、基本的にはジムの営業時間に行くはずなので、他の会員がトレーニングしている状況を見れるのは有益です。


ジムが初めての場合、他の会員のトレーニングを見る機会も初めてだと思うので、刺激があります。


トレッドミル(有酸素マシン)で一生懸命汗を流して有酸素運動をしている人や、ベンチプレスを必死に持ち上げている筋肉モリモリの人、スタッフに教えられながらマシンジムに励んでいる人など、直接見ることでかなりモチベーションが上がるはず。


一度見学するだけで、ジムへの入会を決めてしまう人は多いですが、やはり他の会員のトレーニング姿に刺激を受けるからだと思います。見学に加えて体験ができれば、さらにテンションが高まります。


スタッフが付き添いながら、軽めのウェイトで体験させてもらえると思うので、「自分にもできる!」とワクワクしながらちょっと自信がつきます。

そして気分はもう、ジム会員になったステイタスを感じているはず。そうなると、もう入会は間近です。(笑)


でも、これが実はとても重要なこと。なぜならワクワクすることが、筋トレに対して積極的・行動的になるからです。自宅でトレーニングしている時に比べたら、テンションやモチベーションの違いがわかると思います。


見学は基本的に無料、体験は有料の場合あり

見学自体は、基本的に無料なはずです。今時、見学できないジムや見学が有料なんてジムはありません。もしあれば、ジム候補から即却下です。


ただ、見学が無料でできても、見学範囲が制限されているジムも少なからずありますね。その場合、可能な限りジムエリアをチェックしましょう。見学だけでもかなりの雰囲気がわかるので、それほど問題はないと思います。


体験は無料のジムもありますが、有料のジムも多いです。ただ、有料とは言っても高くはありません。予算が許せば、ぜひ体験してみてください。


僕も以前、ジムめぐりをしたことあります。いろいろなジムを見学・体験できるのは、面白いですよ。ちなみに、僕の体験からですが、それぞれのジム見学・体験の感想を言うと、次のような感じですね。

◉個人経営ジム:
ものすごくラフな感覚なウェルカム精神です。どういうことかというと、見学も体験も無料で「勝手に見てってええよ」的なところがほとんどです。

ジムのオーナーがいれば、いろいろな話をしてくれます。そして帰り際に「またいつでも遊びに来て」てな感じで、応対してくれます。個人的にこういうジムは大好きですね。

◉公共スポーツセンター:
見学や体験をしたことないんです。なぜなら、安いので、いつでも好きに筋トレできるからです。1回であれば300円くらいでジムが利用できます。

ただ、やはり公共施設なせいか、スタッフの対応は事務的というか、元気が感じられない。ただし、対応自体は親切で丁寧に接してくれます。

◉民間大型スポーツクラブ、ゴールドジム、コンパクトジム:
見学自体は無料がほとんどで、体験のキャンペーンをやっている時があります。

何よりもスタッフの教育が徹底されているので安心です。店にもよりますが、来店者に対して丁寧で、とても親切に対応してくれます。多分、気持ち良く見学や体験ができるはず。若いスタッフが多く、明るく元気でハツラツとした雰囲気で清潔感を感じます。

ジム側に必ず質問してほしいこと

質問は、聞きたいこと全て聞いてください。ジムへ行く前に、ある程度質問する内容をまとめておくと良いです。


私が質問するとすれば、次のような感じ。

  • フリーウェイトはどれくらいまでの重量があるか、扱えるか
  • スタッフに補助を頼んだり、メニューを組んでもらうことは可能か
  • 本格的に鍛えている会員はどれくらいいるか
  • 混雑する曜日、時間帯
  • サプリメントやプロテインを購入できるか

これらは、見学では判断できないので聞くしかありません。上記項目がクリアできなかったとしても、後日対応してくれそうなら、そのジムは親切ですね。これら以外にも何かあれば、どんどん聞いてみましょう。


見学や体験をして、質問もクリアすれば、あとは入会するかどうかだけです。気に入っても気に入らなくても、すぐに決断する必要はありません。じっくり考えて、入会を考えれば良いんです。


ただ、ほとんどの人が見学して即入会しちゃう人が多いですけどね。即決するのは、行動的で積極的なので、悪いことではないですから。


ということで、今回はジム体験編でした。次回は、筋トレの基本「BIG3」についてお伝えします。


>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ