筋トレを継続=モチベーションを維持する方法 | ガッチリ化vol.11

モチベーション

前回は、サプリメントについてお伝えしました。いかがでしたか?
参考:筋トレで更に筋肥大するために必要な栄養素


ぜひ、筋肥大に役立たせてくださいね。無駄にはなりませんから。よければ、サプリについての感想もどんどん送ってください。


今回は、筋トレを継続していると多くの人が経験する、モチベーションについてです。


筋トレがなんだかだるくなってきた・・・
こんなに頑張ってるのに、なんで効果が出ないんだろう・・
ただ単に筋トレを継続しているだけかも・・・


こんな風に思い悩むことが、今後あるかもしれません。筋トレを始めた頃は、あんなにもやる気満々だったのに、今じゃ面倒くさくなったり、マンネリ化したり。


でも、それが普通です。今回は、さらに筋トレを楽しく、やる気を起こさせるためのモチベーションを維持する方法についてお伝えします。それではいってみましょう!


Sponsored Links


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9931043884716511"
data-ad-slot="7612988381"
data-ad-format="auto">


モチベーションとは

モチベーションを辞書で調べると、


動機付け、やる気、意欲、刺激


となっています。実はモチベーションとは上がったり下がったりするものではないんです。なぜなら動機付けが高まったり、なんて何かおかしいですよね。


動機付け、やる気、意欲、刺激というものは、根本的に上がったり下がったりするものではなく、テンションが下がってしまうことで、眠ってしまうことがあるんですね。


だったら、それを起こしてやれば良いんです。


モチベーションが維持できていない状態が続いていても、ある時、何かの刺激によってモチベーションが復活することはよくあります。


モチベーションを復活させるには「なぜ維持できないか」を考えることで、改めて刺激を与えてやれば良いのです。


モチベーションが維持できない理由

伸び悩み

筋トレのモチベーションを維持できない理由の一つとして、


「筋肉の変化が感じられないマンネリ化トレーニング」


によることが多いはずです。


ずっと頑張ってるのに筋肉がデカくならない。ヘトヘトに頑張ってるのに、疲れるだけ。そう、「頑張ってるのに〜ならない」という状態は、
モチベーションに影響してしまうんです。


成果が出ないと誰でもそうなります。私の経験上、特に自宅トレーニングの場合はこうなりやすいかもしれません。


ということは、成果を出せるようにすれば良いんです。


長年筋トレを継続しているトレーニーは、なぜ頑張れるのか

ベテラントレーニーやビルダーとして活躍している人は、どうしてあそこまで頑張れるのでしょうか。


一つは、あなたにも最初にやっていただいた、「目標設定」を明確にしていることが挙げられます。


近い将来の自分の理想像をイメージすることと、期限を決めることですね。


つまり、自分で決めた「内的強制力」が行動を促しているということ。


そして、特にボディビルダーの場合は、コンテストというイベントが目標設定されているので、そこに向かって進む必要があります。


つまり、やらなければならない状況に追い込んでいるため、前向きに行動を起こすことだできるわけです。これを「外的強制力」と勝手に私は呼んでます。


ビルダーのようなコンテストでなくても、ジムのオーナーやスタッフに「半年後にベンチプレス100kgを達成したいので、協力してください。」と自己宣言するのも、立派な「外的強制力」ですね。


モチベーションを維持するための方法

ベンチプレス

そうはいっても、なかなかそんなことできない、ということが多いと思います。


そこまで強制的にやらなくても、何か方法はないのか?


実はあります。その場合、外的強制力ではなく、外的刺激だと思ってください。


どういう事かというと、「筋トレを楽しく感じるように気持ちを向ける」ということです。


なにそれ?気持ちを楽しくさせるってこと?


そうです。気持ちを楽しくさせる、ワクワクさせる、これが重要なんです。


でも、どうやって?


やることは難しくありません。ただし、自宅トレーニングでは難しいので、できればジムへ通ってみてください。逆にジムへ通っている人は、すぐに実行できます。


やることは「筋トレ仲間を作ること」です。要はジムで話ができる相手を見つける、ということですね。


なぜなら、ジムで話し相手を見つけることができれば、筋トレに関する情報が得られるからです。また、逆に情報を提供してあげる立場にもなるかもしれません。


あるいは「話し相手と話をする」というだけでも、ジムへ通う動機ができます。今まで一人で筋トレしていたのであれば、これだけでかなりジムへ行く気が起こるのです。


では、どんな人に話しかければ良いか?


できれば、ベテラントレーニーかビルダーが良いです。彼らは、筋トレに関する知識・スキルはかなりあるので、わからないことを聞けば、喜んで教えてくれるでしょう。


じゃあ、どんな声のかけ方をすれば良いのか?


こんな感じで構いません。


「すごい大胸筋ですね!どれくらい筋トレされているんですか?」


これでOKです。そのあとは、話の流れで筋トレに関する悩みを聞いてもらうのも良いでしょう。そして、ジムで会うたびに挨拶してみてください。次からは向こうから話しかけてくれるようになりますよ。


もし「ビルダーに声をかけるのは抵抗が・・・」というのであれば、一般の会員さんで真面目に筋トレしている人でも大丈夫です。


もしかしたら、あなたと同じ悩みを抱えているかもしれません。その場合は共感が持てるので話がはずみますよね。話ができる相手がいるというのは、かなり重要なんです。


このようにジム友を作ることができれば、あなたにとっても相手にとってもプラスになります。ぜひ、ジム友を作ってみてください。そして、今後も筋トレを継続して理想の体を手に入れてくださいね。


今回でガッチリ化プログラムは完結です。最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。今後も有益な情報をお届けしていきますので、楽しみにしていてください。


>コンテンツ一覧へ

>ホームへ

関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ